旅行・レジャー

京都ここだけの話

春こそ充実、京都ナイトライフ 絶景夜桜に感激

2012/3/15

夜が早い、というのは地方都市の共通事情ですが、最近はライトアップなど様々な工夫で魅力アップに努めています。コートを羽織って、夜桜見物はいかがですか?

【登場人物】
東太郎 (あずま・たろう、30) 中堅記者。千葉県出身。人生初の「関東脱出」で京都支社に転勤し半年。中学2年の夏、友人の家で夜通し騒いでから見た朝日が今も記憶に残る。
竹屋町京子 (たけやまち・きょうこ、25) 支社の最若手記者。地元出身、女性ならではの視線から、転勤族の「知識の穴」を埋める。宴席で調子に乗ってくると「私、まだまだ行けるよ」というのが口癖。
岩石巌(がんせき・いわお、50) 支社編集部門の部長。立場上、地元関係者との交遊も広く、支社で一番の「京都通」を自任する。「夜の商工会議所」を訪ね歩くのも仕事のひとつ。(登場人物はフィクションです)


■忙しいビジネスマンは観光禁止なの!?

岩石部長  お、東くん、竹屋町さん。今日は珍しく二人そろってお出かけか。最近、仲が良さそうじゃないか。

竹屋町京子  ち、ちがいますよ部長。清水寺などがある東山地区を行灯(あんどん)でライトアップするイベント「東山花灯路(はなとうろ)」が3月10日から始まったんです。取材に行こうとしたら、太郎先輩も一緒に来るって言うんです。

東山花灯路で見逃せないのが八坂の塔だ

東太郎  今年の花灯路からは地元の電子部品メーカー、ロームの発光ダイオード(LED)を使っているんです。ロームを担当している記者として、取材に行くだけです。からかわないでください。

部長 すまんすまん。実は二人に聞きたいことがあったんだ。これから京都も桜のシーズンになるだろ。例によって混みそうだしホテルもとれないしと、知り合いから泣きつかれたんだ。何かいい知恵ないか。

太郎 確かに土日が休みのビジネスマンやOLにとって、桜や紅葉の繁忙期の京都観光はハードルが極めて高いですよね。土曜に泊まろうと思うと、ホテルや旅館によっては1カ月以上前から予約が埋まっているところもあります。

部長 平日にうまく休めれば別ですが、年度末を挟む3、4月は何かと忙しい時期だしな。

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL