東京駅、中央線ホームなぜ高い 鉄路争奪戦の力学

北陸新幹線が契機 ホーム不足で高架上に

東京駅に乗り入れるにはどうしても、もう1つホームが必要。しかしあと1つホームを増設するためには、丸の内駅舎を取り壊してスペースを生み出さなくてはならない――。

東日本旅客鉄道(JR東日本)が1999年にまとめた「北陸新幹線工事誌 東京乗り入れ工事」には、新幹線が乗り入れる場所をどうやって捻出するか、四苦八苦する過程が記されている。結局、駅舎保存を最優先し、ホームを重層化する案が打ち出された。それは、ホームを高い位置に新設するというアイデアだった。

どの路線を高架上に移設するか。候補となったのが中央線、東海道本線、京浜東北線・山手線ホームだった。

丸の内側に高架ホームを造ると、どうしても道路に少しはみ出してしまう。道路への影響を最小限に抑え、なおかつコストが低いのは中央線――。3案のうち、最適と判断されたのが中央線だった。こうして他のホームより8メートル高い位置に新たにホームが造られた。

東京駅の大工事、貴賓通路も地下に移動

中央線の高架化と在来線ホームの大移動は思わぬ副産物を生んだ。東京駅開業から80年間使われてきた「貴賓(きひん)通路」が、地下に移ったのだ。

1994年2月7日付の日本経済新聞夕刊によると、貴賓通路は丸の内と八重洲を結ぶ特別通路で、皇族や閣僚、国賓らが利用してきた。全長93メートル、幅5.5メートルで赤じゅうたんが敷かれ、豪華照明が取り付けられていたという。

当時の貴賓通路は丸の内南口から中央口へのコンコースを分断していたため、駅構内のスムーズな移動を妨げてきた。駅舎工事に合わせてこうした難点を取り除こうと、大部分を地下に移すことになった。前出の「北陸新幹線工事誌」も貴賓通路の地下化について触れている。

北陸(長野)新幹線の東京乗り入れに当たって、どの在来線を重層化するか検討された(JR東日本編「北陸新幹線工事誌 東京乗り入れ工事」)
エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
中央線の発着駅は東京駅ではなかった
エンタメ!連載記事一覧