ここは「外国人が好きな日本」 虎ノ門ヒルズ探訪

日経トレンディネット

2014年6月11日、東京・虎ノ門に高さ247メートルの超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」がオープンした。地上52階の同施設の延べ床面積は24万4360平方メートル。最上階を含む47~52階には、ハイアットグループが日本に初展開するホテル「アンダーズ 東京」が入居する。そのほか、37~46階が住宅(172戸)、6~35階がオフィス、4~5階が会議場、1~4階が商業施設、地下3階~地下1階が駐車場(544台)となっている。

高さ247メートルの超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」。タワーの下には環状2号線(マッカーサー道路)の新橋~虎ノ門間(地下トンネル)が開通
マスコットキャラクター「トラのもん」は「ドラえもん」の藤子プロと共同で制作。100年後からタイムマシンでやって来た「ネコ型ビジネスロボット」という設定

タワーのフロア構成は半分以上がオフィス(6~35階)
オフィスのエントランス

注目記事
次のページ
商業施設は外国人をターゲットにした「和」をアピール
今こそ始める学び特集