実は中央にある心臓 左胸がドキドキする理由働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

「心臓はどこにある?」って聞かれたら、たいてい「左胸」と答えますよね。だって胸に手を当てると、鼓動を感じるのは左側。ところが実際の場所は、胸のほぼ中央なのです。なのになぜ左胸がドキドキするの? その理由は、あなたが胎児だったころまで遡ります。

春ですね。気分もウキウキしてくるこの季節。胸がときめく出来事を期待している人もいるでしょうか──。

もし、そんなことが起きたら、いいチャンスなので、手を胸に当ててみてほしい。鼓動の位置を確認するためだ。左右両側に手を当てると、ほとんどの人は、ドキドキする感触を胸の左側[]に感じるはず。

「でも、実際に体を解剖してみると、心臓は胸のほぼ中央にあるのですよ」

こんなふうに語り始めたのは、順天堂大学医学部解剖学第一講座教授の坂井建雄さん。えっ、そうなんですか。そりゃあ解剖学の先生がそう言うのなら間違いないだろうけれど、それではどうしてドキドキは胸の中央でなく、左胸に感じられるのだろう?

「実は、拍動が左胸から聞こえるようになるのは、人間が生まれたあと。胎児では、拍動の強さに左右差はありません」

へぇ~、じゃあ胎児の心音は真ん中に聞こえるのか。出産を境に心臓に何が起きるのだろう?

心臓左側の筋肉が鍛えられて厚くなる

上のイラストは、大人の血液循環の模式図。心臓の中は四つの小部屋に分かれていて、向かって左側の二つが「右心房」「右心室」、向かって右が「左心房」「左心室」。外から流れ込む血液は左右の心房へ入り、心室を経て外へ押し出される。左側のルートと右側のルートは完全に仕切られ、血液は交わらない。

右心室から出ていくルートは、血液を肺へ送るので「肺循環」と呼ばれる。一方、左心室から出ていくのは、血液を全身に送り出す「体循環」だ。

[] 内臓の位置が完全に左右逆転する「完全内臓逆位」は、2000~1万人に1人の割合で存在するといわれる。そういう人は右胸がドキドキする。健康上の問題は特にない。この記事を読んでいる人の中にも、きっと何人もいるはず。
次のページ
カエルの心臓音は真ん中から聞こえる
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント