ヘルスUP

フィットネス

たるんだ腹にさようなら、歩くだけでやせる方法 日経ヘルス for MEN

2011/1/14

 たるんだ腹を何とかしたい。それにはキツい運動をしないとダメだと思いこんでいる諸君、頑張りすぎると続かずにかえって逆効果。お薦めなのは気軽にできるウオーキング。引き締まった腹、キュッと上向きの尻を目指して今日から始めてみよう!

 成人男性が1日に歩く歩数は平均約7500歩。生活習慣病予防に必要、と国が定める目標より約1700歩少なく、時間にして14分足りていない。

 つまりその分、意識して歩けば腹がへこみ、カッコイイ体形になることもできるというわけだ。

 無理に走る必要はない。ウオーキングは体に負担なく、無理なくできる運動だ。歩くだけでやせるための6つのポイントを、ウオーキングインストラクターの君塚正道さんに聞いた。

1 わずか2分で正しく歩く体をつくる

 ウオーキングを始める前に、まずは正しい立ち姿勢をマスター。力まないことが大切だ。下のように体の動きをチェックしながらエクササイズしよう。

 「正しいフォームで歩けば、体形や筋肉の付き方は確実に変わる。しっかり腕を振ることで体幹が使えてウエストは細くなり、太ももの裏側の筋肉(ハムストリング)がついて太ももが締まり、ヒップアップ効果も。姿勢が良くなるので肩凝りも改善する」と君塚さんはいう。

 激しい運動に比べると成果はすぐには見えにくいが、一度体がつくられると、少し休んでも元に戻りにくい。日々の積み重ねが、体を確実に変えていくのだ。バリエーションをつけたウオーキング法を君塚さんに教えてもらった。まずは継続。距離や時間を決めて3カ月、歩いてみよう。


ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL