ハチミツたっぷり!モロッコ菓子世界のおやつ探検隊

その昔、ヨーロッパの探検隊がアメリカ大陸で出会い虜となったのはポップコーンやチョコレートの素カカオ。いまも見知らぬ“おやつ”との出会いは、心ときめくもの。そこで、ナショジオではおやつ探検隊を結成! まずは、各国食材店やレストランがひしめく東京に潜む世界のおやつの制覇をミッションに掲げ、冒険を開始。どんな未知の味覚に出会うか、探検のはじまりはじまり~。

早速ですが、このお菓子、何で出来ているでしょう?

答えは、クスクス。日本でもレストランやカフェでよく見かける粒状のパスタの一種だ。日本ではクスクスは料理の材料だが、お菓子の材料としても使われるのが、この食材が生まれた北アフリカにある国、モロッコ(モロッコ王国)だ。

そう、今回はモロッコのお菓子のお話。話をしてくれたのは東京・西荻窪のモロッコ料理店「タムタム」の料理人、ムスターファ・ケニーバさんだ。

1年半ほど前、友人と一緒にオープンしたという「タムタム」は、日本にあるレストランとしては珍しく、アルコール類を一切出さない。モロッコはイスラム教の国で飲酒が禁止されているので、本来アルコールはご法度なのだ。「モロッコでも観光客向けにアルコールを出す店はあるよ」とムスターファさん。「でも、お酒が入ると料理の味を本当に味わってもらえないでしょ。僕は、モロッコの食べ物とその文化を、日本の人にちゃんと知ってもらいたいんだ」と言う。

さて、冒頭の写真は「スファ」と呼ばれるお菓子。蒸したクスクスを砂糖で甘く味付け、上から粉砂糖とシナモンパウダーをかけたものだ。「頂上に雪をいただいた富士山みたいでしょ?」と彼。日常的に食べるデザートではなく、お客さんを家に招いた時や結婚式などで出されるものらしい。「タムタム」では1人前の量で出しているが、本来は皿にこんもりと盛り、それを取り分けながら食べるそう。

注目記事