アニメ実写化は要注意 ハリウッド映画、残念の法則日経エンタテインメント!

大々的に宣伝されながらも、ほぼ話題になることもなく劇場公開を終えた映画たち。興行収入ワーストランキングから、その「残念の法則」を探った。

2013年1月~14年3月に全国250スクリーン以上で拡大公開された映画の興収ランキング下位作品

2013年1月から14年3月に公開された作品を対象に、全国250スクリーン以上で上映された拡大公開作の興行収入ワーストムービーを調べたところ、右の表のような結果となった。

興行的な失敗作で目につくパターンが2つ。『47 RONIN』『ウルヴァリン:SAMURAI』に代表される、ハリウッドが日本を題材にして作った「勝手にジャパンムービー」と、『ガッチャマン』の「アニメの実写化ムービー」だ。

『47RONIN』は日本の忠臣蔵をモチーフにした3D(立体映像)アドベンチャー。キアヌ・リーブスが異端の男にふんし、大石内蔵助らの仇(かたき)討ちを助ける。世界に先駆けて日本で2013年12月6日に公開された。製作費に1億7500万ドル(約180億円)の巨費を投じたものの、世界で上げた興収は1億4800万ドルで製作費を下回った。舞台となった日本でも興収5億円と振るわなかった。

『ウルヴァリン:SAMURAI』はアメコミの人気キャラクター、ウルヴァリンを主役に据えたアクション映画で、彼が日本を訪れピンチに陥る。製作費に1億2000万ドルをかけ、世界の興収は4億1500万ドル。『47RONIN』に比べると世界的に大ヒットしたが、日本では8億円と伸び悩んだ。

ちなみに日本を題材にしたハリウッド映画で、最も成功したのが『ラストサムライ』だ。2003年12月に公開され、渡辺謙がアカデミー助演男優賞にノミネートされた効果もあり、興収137億円の大ヒットとなった。成否の明暗を分けたものは何か。まずは『47RONIN』から比較してみる。

エンタメ!連載記事一覧