エンタメ!

エンタウオッチング

劇場はいらない 競争や格差でファン心理突く乃木坂46 日経エンタテインメント!

2013/11/25

 AKB48のライバルグループとして誕生した乃木坂46。定期公演を行う劇場を持たず、ライブと冠番組の楽しさで人気を伸ばす。2年の活動の間に着実に力をつけ、いよいよメジャーブレイクが見えてきた。

 秋元康氏プロデュースのグループながら、AKB48の“公式ライバル”という位置づけで、11年に誕生した乃木坂46。2012年は渡辺麻友主演ドラマ『さばドル』(テレビ東京系)へのゲスト出演や、指原莉乃とのCD売り上げ対決といった公式ライバルとしての活動が目立ったが、今年に入ってからは、独自色を強めている。

 2013年3月発売の5thシングル『君の名は希望』は初週の売上枚数が24万枚を突破。ロックバンドBase Ball Bearの小出祐介が「Aメロが泣ける」とツイートするなど、業界内でも話題を呼んだ。続く6thシングル『ガールズルール』は出荷ベースで50万枚を超えている。

乃木坂46、今回の選抜メンバー。1列目左から、西野七瀬、白石麻衣、堀未央奈、橋本奈々未、松村沙友理。2列目は左から、桜井玲香、生田絵梨花、生駒里奈、若月佑美。3列目は左から、伊藤万理華、衛藤美彩、齋藤飛鳥、秋元真夏、深川麻衣、中元日芽香、川後陽菜、高山一実(写真 アライテツヤ)

 8月からは初の全国ツアーを開催し、10月6日に代々木第一体育館が追加され昼夜公演を実施。この日だけで2万4000人を動員した。同ツアーでは、5月に加入した2期生もステージに上がった。現在、メンバーは総勢45人を数える。

 個人活動も急増している。白石麻衣は女性誌『Ray』専属モデルを務めながら、バラエティー番組のアシスタントMCとして活躍。橋本奈々未は7月期のフジテレビ系月9ドラマ『SUMMER NUDE』に出演。高山一実は、『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)などのバラエティー番組で存在感を示している。人気や売り上げ規模の面で、AKB48に追いつく可能性が見えてきた乃木坂46。これほどまでの躍進を遂げた理由はどこにあるのか。

【関連キーワード】

乃木坂46AKB48秋元康SKE48NMB48

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL