LCCを上手に乗りこなして、オトクな飛行機旅2013年働き女子の夏休み

日系LCC(ローコストキャリア、格安航空会社)が相次いで就航を開始した2012年。2013年になってさらに国内外の就航先が増え、ますます注目を集めています。安く飛行機の旅ができるLCCはとても魅力的ですが、実はちょっとしたコツも必要。これからLCC利用を考えている方のために、LCCの基礎知識と乗りこなし術をご紹介します。

最初に知ろう「なぜLCCは安いのか?」

LCCは、従来の航空会社と比較して、圧倒的な安さが魅力。LCCを乗りこなすには、この安さの秘密を知っておくことも大切です。

LCCの安さの秘密は?

キーワードは「スリム化」と「効率化」。2つについて、詳しく見ていきましょう。

まずは「スリム化」です。従来の飛行機では、座席指定や荷物の預け入れ、機内での飲み物などのサービスは無料でした。しかしLCCでは、スリム化のために、それらのサービスをオプションとして有料化しています。

また人件費をスリム化させるために、同じ内容を予約する場合でも予約方法によって手数料が異なる形式を採用しており、WEB経由での予約が一番安くなっています。

もう1つのキーワード、「効率化」は、運航面に表れています。まず、一度に多くの人を運べるように、1機あたりの座席数を増やしています。そのため、1席あたりのスペースは狭くなっています。

さらに稼働率を高めるため、基本的には2つの空港間をピストンで運航。空港での待機時間を短くし、早朝から夜遅くまでタイトな運航ダイヤが組まれています。

ほかにも、機材を統一して整備費を抑えたり、空港利用料が安く中心地から離れた空港(成田空港、関西国際空港)を利用したりなど、さまざまなスリム化と効率化の工夫の積み重ねがあってこそ、初めて安い料金が実現されます。

そのため、利便性は従来の航空機とは違うということを理解したうえで、利用することが必要になってきます。

具体的にここが違う! LCCの基本

それでは、LCCでは、どんなことが従来の航空会社と異なるのでしょうか。以下が異なるポイントです。

安さのためには、機械を使って自分でチェックイン

◇ 搭乗券の価格は、基本的に売り出し開始日が一番安い。その後は座席の販売状況に応じて日々変動する。

◇ いくつかの価格体系があるが、一番安いものは取り消し不可。変更にも数千円の手数料がかかる。

◇ 運賃には予約手数料や支払手数料、空港利用料などが別途かかる。

◇ 人を介するサービスは高くなる。予約手数料も例外ではなく、WEB予約が一番安く対面予約は高い。

◇ 座席指定、受託手荷物などは有料。航空会社によっては、受託手荷物の料金が、重さで変わるケースも。また搭乗日に窓口で手配をすると手数料が高い。

◇ 座席はピッチが狭いため、やや窮屈。窓側の席は、通路への出入りもしにくい。

◇ チェックインの締め切り時間が早い。遅刻した場合は、チケットは無効になる。

◇ 機内での飲み物は有料。飲食物の持ち込みができないエアラインもある。

◇ 遅延や欠航のリスクがあり、万一の際は自社便への振替か、払い戻し対応となる。

これだけ違いがあり、その多くは安さとの引き換えになる制約事項です。理解しておけば、予約してから、乗ってから、「こんなはずじゃなかった…」という事態を防ぐことができます。

次のページ
快適な旅のための、LCC乗りこなし術5