涙の記者会見、なぜ共感を得られなかったのか涙活プロデューサー 寺井広樹

日経ウーマンオンライン

今年は何かと涙の記者会見が話題になることが多い年です。理化学研究所の小保方晴子・ユニットリーダーの反論会見、サッカー日本代表・長友佑都選手のグループリーグ敗退後の会見、元光GENJIの俳優・大沢樹生さんの実子騒動会見、女優・遠野なぎこさんの離婚会見…ぱっと考えるだけでこれだけの「涙会見」が思い浮かびます。しかし最も注目を集めたのは紛れもなく、連日報道されている兵庫県議会の野々村竜太郎元議員の号泣会見でしょう。

(C)ちゃんた / PIXTA

政務活動費疑惑をめぐる記者の追及に対し、叫んだり、嗚咽をもらしたりしながら、政治信条を訴えた野々村元議員の会見映像はテレビやネットで話題となり、そのインパクトの大きさはセクハラやじ報道が鳴りを潜めてしまうほど。

海外の主要メディアもこの騒動をこぞって取り上げ、オーストラリアのNine Newsは「だらしのない我が国の政治家よりも恥ずかしい存在」などと皮肉と冷笑をもって記事を伝えています。

過去にも自主廃業を発表した証券会社の社長や、二股騒動交際を謝罪した俳優など、物議を醸した「号泣会見」はありましたが、野々村元議員の「涙」はどこが違ったのでしょうか。

私は日ごろ、意識的に涙を流すことによってストレスを解消する「涙活」という活動を提唱・推進しています。

さまざまな「涙」を見てきた立場から、号泣議員の会見を通して、涙との上手な付き合い方について考えたいと思います。

時と場所と相手を選んで泣くのが「大人」

私たちは成長に合わせて、3種類の「泣き」を経験しています。

1、ストレス泣き

2、悔し泣きと悲しみ泣き

3、感動泣き

の3つです。

赤ちゃんはお腹が空いたり、おむつが濡れて気持ちが悪かったりすると「1」の「身体的ストレス」によって泣きます。単純に泣くことで不快なストレスを解消しているのです。また泣くことで親や周囲の大人がストレスを処理してくれることが分かると、泣くことには「ストレスの表現」という意味も加わります。泣くことで理解してもらうという、コミュニケーション手段の一つになるのです。

しかし成長する過程で、泣くことで大人にストレスを解消してもらうのではなく、言葉で要望を伝えることを覚えていきます。そうして、子どもは「1」の「ストレス泣き」を卒業していくのです。

次のページ
あの「切れ方」に思い出すことは…