還元率は5%以上も 「au WALLET」でお得生活

日経トレンディネット

このたび登場した新しい電子マネー「au WALLET」は、Suica(スイカ)やnanaco(ナナコ)など既存の電子マネーよりも使いやすく、さらに得する仕組みも整えている。ユーザーはau WALLETをどう使うべきなのか。ポイント情報サイト「ポイ探」社長の菊地崇仁氏が、au WALLETを使った得ワザを解説する。

電子マネー元年と言われた2007年、PASMO(パスモ)、WAON(ワオン)、nanacoがデビューした。それからはや7年、電子マネーの決済額は年間2兆円を超えるまでに成長している。

そんな中、新しい電子マネー「au WALLET」が2014年5月21日に誕生した。支払い方法はSuicaや楽天Edy(エディ)のような非接触決済ではなく、クレジットカードに近い。クレジットカードブランドのMasterCard加盟店で利用できるため、従来の電子マネーよりも使える店舗数が圧倒的に多いのが特徴だ。

利用で「ポイント2重取り」に

消費者が電子マネーを使うメリットは2つ。1つ目が決済スピードだ。Suicaなど交通系ICカードの場合は券売機でいちいち切符を購入しなくても改札を通ることが可能だ。また、レジではお釣りを気にする必要もない。消費税が8%になって財布に小銭がたまっている利用者はいないだろうか。電子マネーを使えば即解決だ。

au WALLET カードを使って買い物をすると、0.5%分のポイント還元を受けられる
auの新しい電子マネー「au WALLET」

2つ目は“お得”が挙げられる。多くの電子マネーは、決済時にポイントが付与される。au WALLET カードも同様に、支払い時には200円(税込み)につきWALLETポイントを1ポイント獲得できる。au WALLETのポイントは1ポイント=1円相当で利用できるため、200円につき1円の還元、すなわち0.5%の還元だ。

しかし、au WALLETを“普通に”使うのはそれほどお得でもない。

MONO TRENDY連載記事一覧