米、肉、ビール…特産品で選ぶ ふるさと納税先

日経マネー

2000円の実質負担で全国の特産品が届く――そんなおいしい話がある。地方自治体への「ふるさと納税」だ。実は寄付金控除の一種で、自分が生まれ育った故郷に限らず、好きな自治体に寄付できる。活用すれば一定限度額まで全額控除され税金が安くなるほか、「3万円で60キロのお米」「1万円で高級牛肉」など、特産品がもらえることもある。今回は各地の特産品リストや、お得な「ふるさと納税プラン」を紹介しよう。

ふるさと納税には収入に応じて控除額に上限がある。限られた額で最大限の利益を得るための納税プランを考えていこう(図1)。

図1 ふるさと納税達人がおすすめする、ふるさと納税マル得プラン

まずは、ふるさと納税で金券を手に入れる方法だ。自治体の中には納税のお礼として、QUOカードなどの金券やスーパーの商品券を配布するところもある。ここに寄付すれば、最低限支払わなければならない2000円も賄うことができ、以後は実質0円で特産品がもらえるというわけだ。ただし還元率は特産品と比べて低くなる。

特産品を効率的に選ぶには、「どんな家庭でも必ず食べるお米からもらうのがお勧め」と、ふるさと納税に詳しい金森重樹氏は語る。必要なお米をある程度確保した上で、肉や魚、果物などをもらえる自治体に寄付していこう。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし