マネー研究所

マネートレンド

無関心ではいられない スコットランド独立投票 エピキュール代表 青木健太郎

2014/6/14

スコットランドが9月18日、英国からの独立の是非に関する住民投票を実施する。日本での注目度は低いが、この住民投票の結果は英国はもちろん、欧州全域や世界に大きなインパクトを与える可能性がある。

日本にとって昔からなじみ深い英国だが、国のかたちは分かりにくい。外務省のホームページを見ても「英国」と記載されており、「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」と注釈が付いている。日本語では「連合王国」、英語では「United Kingdom」とするのが一般的だ。

連合王国とはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドという4つの国の連合体だ。企業でいえば連合体という「持ち株会社」の下にイングランドをはじめとする4つの子会社がぶら下がっているようなものだ。

こう書いてしまうと4つの国はどれも同じようなもので、平等であるかのような印象を与えそうだ。しかし歴史を振り返れば人口や経済力、武力で勝るイングランドが周辺の3国を徐々に合併・吸収し、「イングランドが支配する連合王国という箱」に詰め込んだというのが実情だろう。

イングランドは以下の3つのステップで連合王国をつくりあげた。

(1)1289年、ウェールズ地方に州制度を敷き、1536年に正式統合
(2)1603年、スコットランドとの間に同君同盟を形成。1707年スコットランド合併法により、グレートブリテン王国に
(3)1801年、アイルランド合併法により現在の「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国」が成立

イングランドは得意技の外交戦略を駆使して国土を拡大したともいえるが、冷静沈着でフェアな話し合いで解決したわけではない。時には武力を行使し、力ずくで支配下においた面は否めない。このような歴史をイングランドに併合された3つの国は忘れていない。

例えばアイルランド。現在のアイルランド共和国にあたるアイルランド自由国は1922年に独立した。その際アイルランド北部6州(北アイルランド)は連合王国にとどまったものの、ひと昔前まで武装集団アイルランド共和軍(IRA)による爆弾テロがロンドンで頻発していたことは記憶に新しい。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL