MONO TRENDY

デジモノNAVI

自宅の無線LAN 速度に不満なら5ギガへ「引っ越し」

2014/7/29

日経パソコン

光回線(FTTH)と高速なWi-Fi(無線LAN)を自宅に導入しているはずなのに、「ネット接続が遅い」と感じている人はいないだろうか。光回線なのに、通信速度が常に10Mビット/秒(bps)を切るようであれば、Wi-Fiに問題がある可能性がある。自宅のWi-Fiを高速化する手段を解説する。

Wi-Fiの速度が落ちる原因には、「つなぎ過ぎ」「Wi-Fiルーターの能力不足」「電波干渉」などがある。

つなぎ過ぎが起こるのは、近年さまざまな機器がWi-Fiに対応してきたからだ。パソコンだけでなく、スマートフォン(スマホ)、タブレット、ゲーム機などもWi-Fiに対応している。家族が多ければ、さらに接続する機器は増える。

しかし、バッファローのBBSビジネスユニットBBS事業課の中村泰之BBS係長は、「一般的なIEEE 802.11b/g/n規格に準拠したルーターにつなげるのは、6~10台程度が限界」だと言う。このタイプのWi-Fiルーターを利用している人は、多くの機器をつないで使うのであれば、最新のWi-Fiルーターに買い替えた方がよい(図1)。

図1 Wi-Fiルーターはさまざまな規格のものがある。3~4年前に購入した人は、「IEEE 802.11b/g/n」の利用者が多いのではないだろうか。しかし、このタイプは2.4GHz帯の電波しか利用できず、6台程度の機器しか快適につなげない。最近はスマホやテレビなどWi-Fi対応製品が増えている。思い切って、5GHz帯に対応した製品を購入すると快適になる

■2.4GHzだと電子レンジとも干渉

図2 初期のWi-Fiで主流だったIEEE 802.11b/gは、2.4GHz帯を利用していた。このため、2.4GHz帯を使用する機器は非常に多く、混雑している。IEEE 802.11a/n/acの5GHz帯は利用がそれほど多くない

一方、3~4年前の最上位機種である「IEEE 802.11a/b/g/n」や、最新の「IEEE 802.11ac」対応製品であれば、10台以上の機器を利用できる場合がある。

このタイプは、「2.4GHz(ギガヘルツ)帯」と「5GHz帯」の2つの周波数帯を利用できるからだ。古くから使われているのは、IEEE 802.11b/g/nで利用する2.4GHz帯(図2)。

多くのWi-Fiルーターがこの電波を使っているため、集合住宅やオフィスでは、周囲に2.4GHz帯の電波があふれている(図3)。同じ周波数の電波が近くにあると、電波が干渉して速度が落ちる。2.4GHz帯はWi-Fi以外に電子レンジなどでも使っており、そちらと干渉する可能性も高い(図4)。

[左]図3 周囲に同じ周波数を使うWi-Fiルーターがあると、電波干渉のために速度が遅くなる。図はAndroid(アンドロイド)用のWi-Fiルーター検知アプリ「Wifi Analyzer」で、同じ場所(オフィス)の混雑状況を調べた結果。5GHz帯は余裕があることが多い [右]図4 2.4GHz帯はWi-Fi以外にも電子レンジ、Bluetoothなどさまざまな用途で使われている。これらの機器が近くで動作していると干渉のために遅くなる。5GHz帯はWi-Fi専用なので、干渉の心配は少ない

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
アルペンが「脱Tポイント」 楽天と提携する理由とは
日経クロストレンド
パナソニックの中国家電事業が好調な理由
日経クロストレンド
ほろ酔い英会話も TOEIC運営団体が「脱テスト」
日経クロストレンド
セブンが「nanaco」から「7pay」に移行 その狙い
ALL CHANNEL