現役東大生座談会 公立出身×私立出身、東大への道のり

―― 公立の人とずいぶん勉強の仕方が違うね。

アザブ そうですね、正直、だいぶ楽したなと思いますけど。東京で、私立だと情報があるので。

ナダ 僕は自分でやっていました。授業を聞くのが苦手だったので。

オウイン 私はほとんど塾に頼っていました。センター科目は自分で勉強しましたけど、二次試験の勉強は塾で言われた通りにやっていました。やれと言われたことをやって、ペースができてくるんです。

アザブ 塾は東大受験する人をずっと教えてきているんで、ノウハウの蓄積をひしひしと感じます。これをやっていれば成績が伸びて、東大に入れるんだろうなと思いましたね。

―― 言われた通りにやって、自分のなかに入り込んでくる感じがした?

アザブ それは集中度にもよるんですけど、最短ルートという感じはしましたね。そこを歩くのか走るのかはその人次第だけど、道は最短であると。

オウイン 研究されている感じはあります。塾の授業は楽しい。予習して塾で勉強して宿題やってというペースが楽だったし、乗れた。

―― こういう研究し尽くされたものに対して、公立の人はどう思いますか。

ウベ 自分も自分なりに最短ルートは探しました。Z会を信じ切っていた面もあるし、学校も丁寧に教えてくれる先生が多くて、その人たちを信じようと思いました。自分でやったとはいえ、周りの人たちが示すものに乗っかったという面はある。

ヨナゴ 参考書にはこだわりましたね。

スワ 学校で配られた問題集を何度もやって、私も高3でZ会をやっていたんですけど、英国数はきちんとやっていました。

―― もし自分に子どもができたら、私立に行かせたい? それとも公立?

アザブ 僕は中高一貫校に入れたいですね。中学3年生の1年間と小学6年生の1年間とを比べると、小学6年生のときにやりたいことなんて、そんなにないと思う。あってもゲームぐらい。だったら、そこを受験に費やしてもいい。でも中3のときはやりたいことがいっぱいある。

オウイン 私も中学受験させます。中学受験のときに身に付けた知識が、大学生になった今も生きている感じがする。

アザブ 中学受験のほうが、ストレスが少ない気がします。遊び感覚で塾に行って、成績上がったら褒められてうれしい、だからまた勉強する。高校受験になったら、自分を律して勉強しなければいけない。

―― それが人間を成長させるんだということはない?

アザブ それは大学受験でできる。

スワ でも小学生がそんなに勉強するというのがよくわからない。もっと遊んだらと。

注目記事
今こそ始める学び特集