「音楽の世界」広げるヘッドホン、3万円切る実力派

手持ちのパソコンでCDを超える高音質を楽しめる「PCオーディオ」。この世界を満喫したいのなら、ヘッドホンにもこだわりたい。最近ではイヤホン型も高音質化が進んでいるが、音質面で有利なうえ音楽に没入できるオーバーヘッド型がお薦めだ。3万円以下で買えるオーバーヘッド型ヘッドホンの中から、音質に優れる10製品をプロに選んでもらった。

自宅はもちろん、通勤電車や街角のカフェ、出張先のビジネスホテルなど、あらゆる環境で音楽を楽しめるヘッドホン。近年は携帯音楽プレーヤーやスマートフォンの普及により、街角で数万円クラスのヘッドホンを組み合わせて使っている光景も珍しくなくなっている。

オーバーヘッド型ヘッドホンの一例。写真はソニー「MDR-1R」

もちろんヘッドホンは、手持ちのパソコンで高音質の音楽を楽しめる「PCオーディオ」でも利用できる。なかなかスピーカーで大音量を流すことが許されない日本の住宅事情では、こちらをメインに使いたいという人も多いはずだ。ここでは音質にこだわる人のために、「イヤホン型」より音質で有利な「オーバーヘッド型」ヘッドホンの基本を確認していこう。オーバーヘッド型は、ヘッドバンドで連結された大型ハウジングで耳を覆うタイプである。

スペックよりも実際に試聴して選ぶ

オーバーヘッド型ヘッドホンは「密閉型」と「開放型」(オープンエアー型)に分類される。これはドライバー(スピーカー)ユニットを内蔵したハウジング部分が完全に密閉されているか、一部が開口しているかの違いだ。密閉型は外部の騒音を遮音できるため音楽に集中しやすく、低域を演出しやすいメリットがある。開放型は音の抜けがよく、レスポンス感に優れるというメリットがある。

逆に開放型は構造上、必ず外に音が漏れるため屋外では使用しづらく、密閉型は音がこもりがちで音質にも影響する、といったデメリットもある。

ヘッドホンの音質は全体の設計で大きく変わってくる。なかでも影響が大きいのは、音を実際に出すドライバーそのものだが、オーバーヘッド型のほとんどで使われている方式がダイナミック型だ。これは、単純に表現すれば通常のスピーカーユニットを小型化してハウシングに収めたもので、イヤホンでも広く使われている。

ヘッドホンの音質は、実際のところカタログでは判別がしづらい。ほとんどの製品ではスペックとして「再生周波数帯域」が掲載されているが、この範囲によって音質が良い、悪いとは一概に言えない。最近の家電量販店では試聴用ヘッドホンを豊富にそろえ、自由に聴ける店舗が増えている。なるべく実際に手に取り、音質はもちろん装着感などまで確認したうえで買いたいところだ。

カタログスペックとしては、「インピーダンス」という数値も掲載されている。これはそのヘッドホン固有の電気的な抵抗の大小を表したもの。数値が大きくなるほど、アンプ側のボリュームが同じ位置であっても、実際の再生音量は小さくなる。

具体的には、ヘッドホンアンプ回路の出力が小さい場合は、高インピーダンスのヘッドホンは鳴らしづらいということになる。実際の使用において問題となることは決して多くはないが、例えばオーバーヘッド型の高性能ヘッドホンをスマートフォンの内蔵ヘッドホン端子で聴こうとした場合などは、能力不足になるケースもある。そういった組み合わせを考えているなら、この点にチェックしておくか、ヘッドホンアンプの導入なども考えてみよう。

MONO TRENDY連載記事一覧