MONO TRENDY

デジモノNAVI

手作業でXPデータをWin8.1に転送 XP最終乗換案内(2)

2014/2/22

ウィンドウズXPのサポートが2014年4月9日に終了する。残された期間はあとわずか。現在、店頭に並んでいるパソコンのOSはウィンドウズ8.1。今から、8.1パソコンへの買い替えを考える人は多いだろう。そこで連載「XP最終乗換案内」では3回に渡り、XPから8/8.1パソコンへの引っ越し方法を紹介する。前回の記事ではXPから8/8.1パソコンへの乗り換え手順を紹介した。今回は、XPパソコンにある各種データを手作業で移行する方法を、具体的に説明しよう。

前回の記事では、XPパソコンから、8/8.1パソコンへ乗り換える具体的な作業内容をお伝えした。今回は、ウェブブラウザーのお気に入り、辞書、デスクトップやマイドキュメントなど、XPに保存しているデータを手作業で引っ越しする方法を紹介する。

図1で具体的な手順を整理した。マイドキュメントとデスクトップ、IEのお気に入り、メールデータの引っ越しでは、それらの保存場所フォルダーを探し、フォルダーごとUSBメモリーなどにコピーして8/8.1に持っていく。また、IMEのユーザー辞書とメールのアドレス帳、アカウント設定ではソフトのエクスポート(書き出し)/インポート(読み込み)機能を使う。なお、メールデータの引っ越しについては次回の記事を参考にしてほしい(3月1日更新)。

図1 XPデータの保存場所や転送方法を確認しておこう。フォルダーのコピーで済むケースもあれば、ソフトの書き出し/読み込み機能を使うケースもある。今回の記事では上から4つのデータの引っ越し方法を紹介する

しかし、ステップバイステップで引っ越した内容を把握できるので、見落としさえなければ最も確実な手段といえる。引っ越しソフトなどでうまくいかなかった部分を手作業でやり直すときも、本章を参照してほしい。

■データ引っ越しのキモはユーザーフォルダー

まずはXPのマイドキュメントとデスクトップ、IEのお気に入りを転送しよう。それらは図2のユーザーフォルダー内に保存されている。ウィンドウズではユーザーアカウントごとに専用フォルダーが作られ、ユーザー固有のデータは基本的にそこに保存される。それゆえユーザーフォルダーは引っ越し作業のキモなのだ。通常は不可視属性で見えないが、メールデータなどもこの中にある。

図2 まずはユーザーフォルダー内の項目を転送しよう。マイコンピュータのCドライブからユーザーフォルダーを開き、「My Documents」「デスクトップ」「お気に入り」をUSBメモリーや外付けHDDなどにコピーする

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL