MONO TRENDY

デジタルライフ

幹事さんアプリで楽々 宴会予約や割り勘計算、簡単に

2011/12/15

忘年会、新年会と宴会が続く季節。大いに盛り上がって日ごろのストレスを発散したいところだが、店選びや割り勘の計算など面倒なことも多い。そんな時に役立つスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)のアプリ(応用ソフト)が続々登場している。使いこなして宴会を楽しもう。

■現在地近くの店表示

予定の調整やお店の予約、割り勘の計算まで出来る「スマート幹事君」(東京都渋谷区の居酒屋)

「事前に予約してなかったんですが、2次会の会場をすぐ見つけることができました」

東京都江戸川区の会社員、篠崎宏介さん(26)が使っているのが、クリンクス(東京・中央)の「二次会なう」。「ぐるなび」など4つの情報サービスと連携。スマホの全地球測位システム(GPS)機能を使い、現在地の近くにある深夜営業の居酒屋、バー、カラオケを40件近くリストアップする。

篠崎さんは営業担当で、得意先を接待する機会も多い。「2次会は人数や参加者の年齢層が読みづらく、事前の準備が難しい。居酒屋以外も柔軟に選ぶことができて便利」と話す。

2次会用だけではない。1次会の店選び、参加者の日程調整、割り勘計算など、宴会を手助けする様々なアプリが出ている。

「初めての店だったが、参加者にはおおむね満足してもらえた」と話すのは、都内の会社に勤める鈴木裕斗さん(25)。11月下旬、会社のチーム仲間の忘年会の幹事を担当。アプリの助けもあり、おおよそ予算の範囲内に収めることができた。

鈴木さんが活用したのはリクルートが今秋から配布を始めた「スマート幹事くん」。店選びのほか、参加者の日程を合わせる「調整くん」、1人当たりの金額を計算する「割り勘くん」の機能がついている。

日程調整機能では、候補日を入力すると、その宴会用のスケジュール調整ページを作成。各人に予定を入力してもらい、多くの人が参加できる日時を選べる。鈴木さんは「電話連絡せずにすみ、楽になった」という。

店選びの機能では、希望日時や希望エリア、人数、予算、目的などを登録するだけで、店の方から提案メールが届く。場合によっては、利用者の要望に応じて、メニューに設定されたコースより安いコースを提案してくれることもある。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円キャンペーン 劣勢を示していたデータ
日経クロストレンド
「予算達成はどうでもいい」 一休社長“極論”の理由
日経クロストレンド
世界初の完全栄養ラーメン、パン… 食の革新が進む
日経クロストレンド
キャッシュレスの先進県は?47都道府県ランキング
ALL CHANNEL