N
旅行・レジャー
京都ここだけの話

2013/4/11

京都ここだけの話

京都線(左)の工事中、先に完成していた新幹線の高架(右)を走った阪急

「阪急新幹線」とは何ぞや?

部長 まあ、終戦前後の話だとピンと来ないだろうから、もう少し新しい話を。昭和39年(1964年)10月に東海道新幹線ができる直前の話だ。

太郎・京子 それだって我々の生まれる前の出来事です。

部長 ……。阪急沿線の人がちょっと誇らしげに語るのを聞いたんだ。「阪急新幹線」って分かるか?

京子 ちょっともう、ついていけません。

現在は阪急が左、新幹線が右(阪急水無瀬駅から京都方向を見て)

部長 新幹線の線路なのに、ひかり号やこだま号より先に阪急の電車が走ったんだ。東海道新幹線と阪急が並走する区間があるよな。大山崎町の大山崎駅から大阪府高槻市の上牧駅あたりまでだ。

太郎 ピッタリと隣り合わせですね。

部長 新幹線の建設に合わせて、阪急も線路を高架にすることにした。その工事の間、開業直前だった新幹線の線路を拝借して阪急が走った、というカラクリだ。

京子 なるほど、写真を見ると分かりますね。だからどうした、という感じもなくはないですが……。

相互乗り入れのため、渡り線(右)が設けられていた。高架上の京阪線を渡るのが奈良電の車両、渡り線を京都へ向かうのは京阪の車両

近鉄と京阪が相互乗り入れ、の事実

部長 阪急新幹線は、さすがに盛り上げすぎたかな。ただ、鉄道は近代化の大きな柱、象徴でもあると同時に、会社の合従連衡や路線の争奪戦では地域経済や政治も密接に絡んでいたから、物語が山ほどあるんだ。1回の「京ここ」では終わりそうもない。

太郎 勘弁してください。

部長 じゃあ、分かりやすい話にするか。京阪と近鉄が丹波橋で相互乗り入れをしていた、という過去がある。

同じ場所と思われる地点の現状。上が京阪、下が近鉄。渡り線の跡は自転車置き場に

京子 たしかに駅は隣り合わせだし、京阪なら特急も止まる主要駅ですね。でも、線路はつながってないと思いますが……。

部長 これが昔は接続していたんだ。近鉄の京都から京阪の宇治へ行く電車や、京阪の三条と近鉄の奈良方面を結ぶ電車が走っていたんだ。正確に言うと近鉄は、前身の奈良電鉄の時代なんだけど。

京子 京都発宇治行きなんて、世界遺産もあるし観光客にはいい感じですね。

太郎 三条発奈良行き、っていうのも今思えば「へー」ですね。

部長 この相互乗り入れは戦後すぐから昭和43年(1968年)まで続いていたから、記憶に残っている人も多いはずなんだ。

注目記事
次のページ
廃線跡を利用した名物列車、とは?