N
旅行・レジャー
京都ここだけの話

2013/4/11

京都ここだけの話

京子 最初のころは「変な組み合わせだ」と違和感を持つ人もいたようですが、浸透してきましたね。

部長 駅名変更で面白い話を聞いたぞ。三条は今も昔も三条だが、鴨川の西、先斗町の花街では「四条を祇園四条にするんやったら、三条も先斗町三条にしておくれやす」という声があったそうだ。

太郎 理屈は通っているような……。

部長 まあ、三条は長く京阪を代表するターミナルだったこともあり、他の3駅とは違って変えなかったんだが。

京子 そういえば、駅名変更は阪急にも動きがありますよ。京都線の終点、河原町駅を「京都河原町」に変えられないか、と。神戸線の三宮も「神戸三宮」などへの改称を検討しています。

太郎 観光客ら関西圏外の人たちへの知名度を考えてのアイデアですね。

京子 ただ、地元商店街が「JR京都駅と隣接しているような印象を与える危険性がある」として、変更するなら「四条河原町」だと訴えていますね。南北と東西の道の名を組み合わせて呼ぶ京都流の地名表現の原則とも合ってますし。

太郎 ここへきて阪急も、河原町は変更しない方針を固めました。

阪急の京都線は京阪だった、という事実

扁額の下にはワシの像が誇らしげに掲げられている(阪急京都線のトンネル、西院~西京極間)

部長 鉄路を巡る熱い思いが伝わる話が多いな。阪急京都線は河原町から西院まで地下を走るけど、トンネルの出入り口の壁にかかっている「天人併其功」と書かれた扁額(へんがく)も、建設に携わった人々の思いがこもっている。

京子 トンネルや橋など、昔の構造物には扁額がかかっていますね。琵琶湖疎水にも伊藤博文や山県有朋らの言葉が残っています。

部長 そうそう。このトンネルは大阪よりも早い、関西では最初の地下鉄道だし、当時の京阪の社長も筆を持つ手に力が入ったろうなあ。天と人の力が合わさって完成した、という意味で「てんじんそのこうをあわす」と読むそうだ。

太郎 ちょっと待ってください。阪急京都線の話ですよね。どうして京阪の社長が揮毫(きごう)するんですか?

部長 そうか、そこも説明がいるな。阪急の京都線をつくったのは、実は京阪なんだ。

京子 どういうことですか?

部長 京阪の本線は江戸時代の街道の宿場町沿いを走らせたので、カーブが多いのは分かるな。京都と大阪の都市間輸送をさらにスピードアップすることを考え、京阪は昭和初期に別会社を通じて、淀川を挟んだ反対側に新しい線路を敷いたんだ。

太郎 なるほど。たしかに阪急京都線の方が直線区間が多いイメージです。

部長 戦時中の統制令で、京阪は宝塚や神戸に路線を持つ阪急(当時の社名は阪神急行電鉄)に強制的に統合される。そして戦後に統合会社から分離する際、京都線は阪急に渡ったんだ。

京子 せっかく造ったのに、ライバルの手に渡るなんて……。

太郎 他社に渡ったから国鉄も含めてライバルになって競い合った、ということでは?

部長 戦前の地図を見ると、当時の終点だった大宮は「京阪京都」と書いてある。

京子 駅名に「京都」をつけるのは過去例アリ、なんですね。

注目記事
次のページ
「阪急新幹線」とは何ぞや?