Windows Phoneの「Office」は使えるのかモバイル版Word、Excel、PowerPointの機能と使い勝手を徹底検証

2011/9/9

デジモノNAVI

KDDI(au)がマイクロソフトの携帯端末向けOSの最新版Windows Phone 7.5を搭載したスマートフォン「Windows Phone IS12T」を、8月25日から販売している。「メトロ(Metro)」と呼ばれる新しいユーザーインタフェースを採用し、マイクロソフトのクラウドサービスと連携することが特徴だ。加えて、「Microsoft Office」のモバイル版を搭載し、WordやExcel、PowerPointのファイルをそのまま扱える点をウリとする。

スタート画面で「Office」のタイルをタップすると、左のような「Officeハブ」と呼ばれる画面が開く。ここで文書のタイルをタップするとファイルを開ける。横スクロールすると保存先の一覧が表示され、ほかのファイルも選べる。中央がWord、右がExcelの画面

カタログを見ても、「直感的操作でOfficeもエンタメも思いのまま」「パソコンで作成したOffice文書がそのまま使える」などと、Officeを使えることが強調されている。普段からWordやExcelを利用するビジネスパーソンにとっては、スマートフォンでもOfficeが使えるのは大きな魅力だ。店頭でも「Officeが使えるという点と、動作の高速性に注目が集まっている」(ビックカメラ有楽町店本館 携帯電話・PHSコーナーの望月俊治氏)という。

とはいえ、モバイル版のOfficeで、パソコン版のOfficeと全く同じことができるわけではない。マイクロソフト自身も「モバイル版のOfficeで、文書をゼロから作ることは想定していない。モバイル版にそこまでの機能は必要ないと考えている。文書を閲覧したり、ちょっとした手直しをして戻す程度で済む状況を想定している」(日本マイクロソフト 業務執行役員 コミュニケーションズ パートナー統括本部長の横井伸好氏)としている。そこで本稿では、Windows PhoneのOfficeで実際に何ができるのか、その使い勝手はどうなのかをリポートする。

ファイルはネット経由で取り込む

Officeの機能を紹介する前に、そもそもWindows PhoneにOffice文書を取り込む方法から解説しよう。Windows Phoneは、USBケーブルでパソコンと接続できるが、この接続を通じて転送できるデータは音楽、写真、動画などで、Office文書ファイルは転送できない。

またWindows Phoneでは、メモリーカードを介してファイルをやり取りすることもできない。KDDIのIS12Tにはそもそもメモリーカードスロットがないが、メモリーカードスロットを搭載する製品でも、それは内蔵メモリーの拡張用で、パソコンなどに差し替えて読み取れるものではないという。

そのため、Windows PhoneにOffice文書を取り込むには、メールの添付ファイルとして送るか、「SkyDrive」などのオンラインストレージ・サービスを経由する必要がある。マイクロソフトはWindows Phoneを「最強のクラウド端末」と呼んでいる。まさにクラウドを前提とした作りになっているわけだ。

次のページ
基本的なWord文書は問題なく読める