「キハ」「モハ」の意味は… JR車両番号を読み解く日経おとなのOFF

車両の側面や車内などに表示される「片仮名+数字」を目にしたことはないだろうか。車両の種類や等級など、あらゆる情報が詰まったこの「暗号」の解読法を伝授する。

「モハ113─15」といった文字列を車内などで見たことはないだろうか。一見、暗号のようなこの文字列は車両番号といい、実は1両ごとに付けられた車両の名前だ。冒頭の記号は、その車両が「モハ113形」という型番(車両形式)で、製造番号「15」を意味している。

この「名前」には法則性がある。そしてその法則を知っていれば、実は「名前」だけで、それがどんな車両かが分かってしまう。

ただその法則は、鉄道会社や車両の種類により多くのパターンがあるため、以下ではJRの「電車」における一般的なものを紹介する。また、同じJRでも東日本、西日本などの各社で異なったり、例外があったりするので要注意だ。

例えば1993年の冬以降に登場したJR東日本の車両は、片仮名と数字との間に「E」が入る。JR四国が製造した車両は4桁の数字だけで表すほか、新幹線には全く別の法則が存在する。

「形」と「系」についても解説しておこう。JRの電車の場合、個々の車両を「形」で、その集合体を「系」で表す。「113系」という基本設計を同一とするグループがあって、そのなかに仕様が異なる「モハ113形」や「クハ113形」が存在するという具合だ。

………………………………………………………………………………………………………

車両番号は7つの要素を内包する

車両番号は7つの要素を内包する JRと旧国鉄の車両番号は基本的に、片仮名と数字からなる7要素で構成される。それぞれに意味があるため、車両番号を見れば、それがどんな車両かが分かる仕組みだ。ここで紹介する内容は、特に断りがなければJRの、動力に電気モーターを使って自走する「電車」の例である。

JRと旧国鉄の車両番号は基本的に、片仮名と数字からなる7要素で構成される。それぞれに意味があるため、車両番号を見れば、それがどんな車両かが分かる仕組みだ。ここで紹介する内容は、特に断りがなければJRの、動力に電気モーターを使って自走する「電車」の例である。