冷え性、リズム崩れ…原因別眠りトラブル対処法最高の眠りのつくり方(2)日経ヘルス

長い時間寝ても、なかなか疲れが取れない……。そう感じることがあるのは、眠りには「質」と「量」があるから。リラックスして深くぐっすりと「良い質で」眠ることが、眠る時間(=量)を確保することと並んで重要です。最高の眠りのつくり方を紹介する本シリーズ、今回は眠りの悩みを6つのタイプに分類、それぞれの対処法を解説します。あなたはどのタイプですか?

………………………………………………………………………

タイプ1.ストレス眠りタイプ

□なかなか寝つけない
□途中で目が覚める
□悪夢や歯ぎしりがある
 
このタイプの読者の悩み R.Uさん(33歳、会社員)
・夢に職場のえらい人が出てくることがよくある
・なかなか寝つけないことがよくある
・2時間置きに何度も目が覚めることがあり、朝の5時以降はもう眠れない

日経ヘルスが実施したアンケートでは、「途中で目が覚める」という人が約4割、「眠気がなかなかこない」という人が2割いた。これらの主原因と考えられるのが、ストレスだ。

「仕事などのストレスがあると、交感神経が高ぶって、寝つきが悪くなったり、途中で目が覚めたりする。悪夢や歯ぎしりも、背後にストレスがあることが多い」と大阪大学保健センターの杉田義郎教授。

自律神経には、活動モードの交感神経とリラックスモードの副交感神経がある。日中は交感神経が優位になっているが、夜になると副交感神経が優位となり、体はお休みモードへ。ところが、ストレスがあると交感神経から副交感神経への切り替わりがうまくいかず、体は活動モードのまま。このため、なかなか眠れない、夜中に目が覚めるといった状態に陥ってしまう。

そこで大切なのが、ストレスをベッドに持ちこまないこと。「10分でもいいから、床につく前にリラックスタイムを。アロマセラピー、呼吸法、入浴、マッサージ、ゆったりした音楽、ハーブティーなど、自分に合った方法でストレスを和らげることが大切」と広島大学大学院総合科学研究科の林光緒教授。

また、「しっかり寝なければ」などと思いすぎるのも禁物。「よく眠れたらストレスも疲れも吹き飛ぶ、と思い込んでいる人は結構多い。しかし、睡眠への過度な期待はかえって『ストレス睡眠』を招き、眠りの質を低下させる。『ぐっすり眠れたらラッキー』くらいに思っているのが、ちょうどいい」(林教授)。

対策法はこれ
ストレスは小まめに解消しよう。昼間のリラックスも大事
 1日分のストレスを寝る前にまとめて解消するのは大変。日中から小まめに発散を。昼間のリラックスが夜の快眠を助ける。

眠気がやって来てからベッドへ
 ベッドの中で眠れずもんもんと……。こんな状態は眠れないストレスが交感神経を刺激し、かえって眠気を遠ざける。ベッドに入るのは眠くなってから、が基本。
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント