建築も断捨離 「超エコ住宅」エアロハウスに熱視線

住む人の環境の変化に応じて容易にリフォームができるだけでなく、増設や移設までも可能。ロングライフで廃棄物を出さない考えの建物だ

2002年頃からメディアで取り上げられ始めた「エアロハウス」。ロングライフで廃棄物を出さない考えのこの建物が、再び話題を集めている。

2011年7月には宮城県石巻市街のある避難所に仮設住宅として届けられ、10月に開催された「CEATEC JAPAN 2011」では、スマートコミュニティ イノベーション 2011の「ミライニホンプロジェクト」住宅モデルとして登場。日産のEV「リーフ」搭載の電池を使い、住宅に電源供給を受けるというデモンストレーションは多くの人の目に留まった。

東日本大震災以降、住宅についてはあらゆる面から見直しが迫られている。耐震対策は十分なのか、万が一壊れてしまった時に、どうしたら廃棄物にならずに済むのか。この状況下、エアロハウスへの期待が高まっているとも言える。

移動できる頑丈な箱型の家、エアロハウス

そもそもエアロハウスとは何か。

エアロハウスを扱うソーラーデザイン研究所のホームページには「建築家の提案する規格住宅。住み手と建築家がコラボでつくる建築作品」とある。つまり、建築家によるモダンなデザインに、一般木造住宅以上の耐震性、断熱性、耐久性、気密性の性能を備えた、不整地や傾斜地での建設にも対応できる建物だ。

もっと簡単に説明するなら、移動できる箱型の家。軽くて頑丈な木造のボックス(=ユニット)を、基礎や柱脚の形式を変えることで、さまざまな環境に対応させられる。例えば、傾斜地に建てる場合は高い柱脚と低い柱脚を組み合わせればいいし、低い位置に家を建てたいのであれば柱脚を低くすればいい。

ボックスそのものは、同一木材で4辺を強固につないだフレームを45cm~100cmの間隔で並べることで、居住空間を作る。木材の表面は構造用合板で覆い固めたセミモノコックボックス構造。ボックスの幅は6mとなっているが、長さは施主が決められる。

この木造ユニットは4tトレーラーに載せて運べる6m×3mサイズが基本。これを増設・移設し、それぞれのライフスタイルや用途に合わせた間取りや広さにする。ワイドスパンの構造で、スケルトンインフィル住宅となる(スケルトン=壁など建築の骨格の部分/インフィル=建築の一部ではありながら後から組み替え可能な部分)このスケルトンインフィルは平面の間取りの変更だけでなく、2階、3階の床を増設したりはずしたりも可能な「フロアマウント工法」を採用している。

注目記事