世代を超えて愛される ヒーローシリーズの歴史と現在日経エンタテインメント!

仮面ライダーや、ウルトラマン、スーパー戦隊など、30年、40年前から続いてきた人気のヒーローシリーズは、常に時代の変化をストーリーに盛り込んできた。東日本大震災や閉塞状況が続く社会情勢もまた、現在のヒーローたちに影響を与えている。

今年は世代を超えて愛されてきたヒーローシリーズが続々と映画公開される当たり年だ。ウルトラマン、仮面ライダー、ドラえもんなどの人気映画は今年も力作ぞろい。さらに1970年代後半にSFブームを作った『宇宙戦艦ヤマト』がリメイクされ、『スター・ウォーズ』シリーズも3D版でよみがえった。このほか『アメイジング・スパイダーマン』や、バットマンの新作『ダークナイト・ライジング』などが続々と公開になる。

一方で、仮面ライダーのベルトが大ヒット商品となったり、ウルトラマンがソフトバンク「白戸家」CMに出演したり、東京・臨海副都心では「実物大ガンダム像」を擁すアミューズメント施設がオープンするなど、ヒーローのキャラクタービジネスも盛んだ。30年、40年にわたってこれらのヒーローはなぜ人気を保ってこれたのか。

まずは日本におけるヒーローの歴史を振り返っておこう(図1)。1966年に『ウルトラマン』、1971年に『仮面ライダー』のテレビ放映が開始。この2つのキャラクターが日本のヒーローブームを作り、けん引していくことになる。

図1
エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
ヒーロー作品は時代の映し鏡
エンタメ!連載記事一覧