自分の行動が筒抜けのワケ どう防ぐ、SNSのトラブル

友達申請を制限する

知らない人からの友達申請(リクエスト)が煩わしいなら、リクエストを出せる人を「友達の友達」に制限するとよい。個人情報の取得目的で友達になろうとする悪質ユーザーからの申請もかなり防げる(図13)。

LINEは、利用開始時にスマートフォン内のアドレス帳をアップロードできる。さらに、アドレス帳に登録があれば、自動的に「友だち」に登録する「友だち自動追加」機能もある。友達にする相手を自分で選びたいときは、この機能をオフにしておく(図13)。

Twitterは通常、誰でもフォローできる。自分をフォローする人(フォロワー)を制限したいとなると、設定画面で「ツイートを非公開にする」をチェックするしかない(図14)。これで、他のユーザーがフォローしようとしても、自分が承認しない限り、つながることはない。

図13 Facebookの初期設定では、誰からも友達申請が届く。これを「友達の友達」に限定すれば、赤の他人が申請してくる可能性は少ない(左)。LINEには、アドレス帳をサーバーにアップロードして知り合いを見つけた後に、「友だち」に自動追加する機能がある。選んだ人だけを追加したいなら、こうした機能はオフにする(右)
図14 誰でもフォローできるのが原則のTwitterも、「ツイートを非公開にする」という設定(鍵付きアカウント)にすれば、こちらが承認した人にしかフォローされなくなる

【迷惑対策】 「ブロック」の前に試したい「非表示」設定

SNSにはさまざまな利用者がいる。「友達」に登録した相手でも、自分の好みに合わないなどで、投稿を目にしたくない場合がある。

SNSには、友達登録の解除や、迷惑ユーザーとの接触を断つ「ブロック」の機能がある。これらの機能を使っても、相手にそれが通知されることはない。しかし、こちらの情報が一部見られなくなるので、いずれは相手に分かる。

図15 SNSでは、「苦手だが、仕方なく友達になってしまった」というケースは珍しくない。しかし、迷惑ユーザーを防ぐ「ブロック」機能を拙速に使うのは考えものだ。不用意に相手の気分を害さないためにも、悪質なユーザー以外は「非表示」など必要最低限の措置にとどめよう
図16 Facebookでは、「プライバシーショートカット」を選び、相手のメールアドレスを指定して「ブロックする」ボタンを押すと(左)、そのユーザーとの接触を一切断つことができる。相手からはこちらの情報が一切見られなくなるので(右)、「ブロックした」ことはいずれ分かってしまう可能性が高い

「友達」として登録されていたのに登録解除やブロックをされると、多くの人は気を悪くする。無用な摩擦を防ぎたいなら、特に実生活で付き合いのある相手ほど慎重に対処しよう。

本当に悪意を感じる相手でなければ、「非表示」や「制限リスト」など、相手に知られにくい機能を使うのがお勧めだ(図15図16)。

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧