自分の行動が筒抜けのワケ どう防ぐ、SNSのトラブル

Twitterには、気に入ったツイートを自分の友達(フォロワー)に伝える「リツイート」機能がある。自分が発言を削除すると、リツイートされていた発言も同時に消える。ただし、誰かが「引用」機能を使って自分の発言を取り込んだツイートをしていると、元のツイートを削除しても残ってしまう。こちらは個別に連絡して削除してもらうしかない。

【友達申請】 なぜ、「知り合いかも?」と表示されるのか

図9 SNSはある程度多くの知人が登録されている方が活発に使える。このため、どのサービスもつながりのある「友達」や「フォロー」を増やすための仕組みを取り入れている

SNSでは、自分とつながった「友達」をたくさん登録するほど交流が増え、得られる情報も多くなる。それにつれ利用時間が増えるので、SNS側も友達を増やすための機能を充実させている(図9)。よく使われるのが、プロフィールなどからその人の知人を推測する機能だ。

アドレス帳が取り込まれる

Facebookは、自分と関連がありそうな人を「知り合いかも?」として表示する。共通の友達がいたり、出身校、勤務先、年齢などが近かったりする人などが、友達の候補になる(図10)。

図10 自分の「知り合いかも?」に表示されるユーザーの例。Facebookでは、ユーザーの登録情報などを基に友達の候補を表示する。自分に全く関係ない人が表示されることもある

このほか、Facebookは利用者の「アドレス帳」も知り合いを推測するのに使う。例えば、スマートフォンで「携帯の電話帳を検索」を実行すると、スマートフォン内のアドレス帳データがFacebookのサーバーに自動的にアップロードされる。パソコンでFacebookを使っている場合でも、「ようこそ」画面の「友達検索ツール」を利用すると、GmailやYahoo!メールのアドレス帳がアップロードされる。

Facebookでは、このアドレス帳データを検索し、自分をアドレス帳に登録している人や、自分の複数の「友達」が登録している人を「知り合いかも?」として表示する(図11図12)。

図11 知らない人が表示されることがあるのは、携帯電話やGmailなどの「アドレス帳」も友達候補の表示に使われているため。Facebookのサーバーに各自の連絡先がアップロードされる。例えば「既に友達になった複数の人がアドレス帳に登録している」といったときに、「知り合いかも?」に表示する
図12 Facebookの登録時などに知り合いを検索する機能を利用すると、アドレス帳がサーバーにアップロードされる(左上と右)。アドレス帳の内容は「招待とインポートした連絡先を管理」(https://www.facebook.com/invite_history.php)のページで表示できる(左下)

Facebookにアップロードされているアドレス帳データは、Web上で確認できる。ここに面識のない人が登録されていると、むやみに自分が紹介されてしまうことにつながるので、削除しておこう。

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧