東京の「お盆」はなぜ早い? 意外と知らないお盆の基本

8月は全国的にお盆の時期。しかし、お盆の正しい作法を知らない人も意外に多いのではないか。お盆の時期はいつか、飾りつけはどのようにすればいいか、お供えの方法は…。年に1度戻ってくる祖霊に報恩感謝を捧げるお盆。マナーをマスターし、心を落ち着けて先祖の霊を弔おう。

Q.そもそも、お盆とは?

正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、旧暦の7月15日を中心に行われる先祖供養の儀式のこと。先祖の霊があの世から戻ってきて、また天に帰っていくという日本古来の信仰と仏教の行事とが結びついた行事だ。

この盂蘭盆会はサンスクリット語の「ウラバンナ」の音訳で、「逆さまにつるされた苦しみ」。釈迦の弟子であった目連(もくれん)が、釈迦の教えによって僧侶に食べ物を施し供養することで、死んで地獄に落ちた母を救ったという言い伝えによるもの。つまり、地獄に落ちて苦しんでいる霊を救うために供養を営むことを表す。


Q.お盆はいつ?

伝統的には旧暦の7月15日に当たる中元節の日に行われていたが、現在は地域によって異なっている。8月15日(月遅れの盆)を中心として行うところが多いが、東京など関東圏の一部では7月15日を中心に行われる。

東京と地方とで盆の時期をずらすことで、縁者一同が集まりやすくなる。皆でゆっくり先祖の供養をするために、このような形が定着したと思われる。農作業が忙しい時期を避けるために、東京と地方とで盆の時期がずれたとする説もある。お盆の最初の13日を「迎え盆(お盆の入り)」、最後の16日を「送り盆(お盆の明け)」という。

※送り火は各地域で共同で行われる例も少なくなく、各地の精霊 流しや、京都の有名な「大文字送り火」も大がかりな送り火の一つ


Q.お盆の迎え方は?

精霊棚飾り付け例。位牌やお供え物、故人の好物などを供える(イラスト:ヤマモトマサアキ)

お盆の入りには仏壇、仏具を清めておき、仏壇の前には精霊棚が作られる。これは盆棚(位牌を安置しお供えをする棚)ともいい、仏壇から位牌を取り出して置く。果物や野菜など季節のものや、餅、ご飯、水が供えられる。また「キュウリで作った馬」や「ナスビで作った牛」を飾り、この期間は僧侶を招いて読経してもらう。

住宅事情で精霊棚が置けない場合でも、これらを仏壇に供えれば、先祖の供養ができる。浄土真宗では精霊棚は飾らないとされるなど、飾り方は地域や宗派の習慣によって異なるので注意したい。

※麻幹のたき方:焙烙と呼ばれる素焼きの皿の上に折って積み重ね、火をつけて燃やす。 [注] お盆のしきたりは宗派や地域によって異なるので、正しくは菩提寺の僧侶に聞くこと
注目記事