2013/6/13

【男性の同僚への鉄板ネタ】

男性の同僚と話を弾ませるためには、相手が「得意な話」を土俵に載せたい。よく知らない話題でも、相手の「話したい」「教えたい」欲求をくすぐれば話は途切れない。

「忙しそうだね」から始める最近の仕事トーク
 「男性には仕事の話を振れば、ほぼ間違いなく話が続きます」。「忙しそうだね」と切り出せば、相手も「頑張っている自分を見てくれている」と好感を抱くはず

話題の本やマンガ
「本やマンガ、ゲームなどにはまっている人、かつて夢中になっていた男性は多いです」。「好きなマンガってある?」「最近、何を読んだ?」などと聞いてみよう

出身校
 派閥好きな男性をくすぐるのが「出身校」「出身大学」の話。「すごいね~」「知ってる」などと褒めるのも◎。「○○部長も同じ大学だよ」とさりげなく情報をあげても喜ばれる

お笑い番組
 20~30代の男性の多くはお笑い好き。「『R-1ぐらんぷり』などのお笑い番組やものまねタレント、注目の新人お笑い芸人などの話を振ると、食いつきがいいのでは?」