フード・レストラン

おでかけナビ

食べて浸って心身満腹 アニメ「タイバニ」のフルコース

2013/11/30

2013年10月31日、東京・池袋に「カフェ&バー CHARACRO(キャラクロ) feat.劇場版TIGER & BUNNY-The Rising-」がオープンした。キャラクロはナムコが展開するキャラクターをテーマにした飲食店。“キャラクタークロスオーバー”の略で、「現実世界と作品世界のクロスオーバー」をコンセプトに掲げている。

「カフェ&バー CHARACRO(キャラクロ) feat. 劇場版 TIGER&BUNNY -The Rising-」(東京都豊島区東池袋 1-32-4 藤原ビル地下1F)。施設面積は138.84平方メートル、席数は56
オープン当初はカフェタイム(平日・土曜は11時~16時40分、日曜・祝日は10時~15時40分)、バータイム(平日・土曜は17時~23時、日曜・祝日は16時~22時)ともにWebサイトで事前予約を受け付け、「100分入れ替え制」となる。オープン初日から数日は既に予約で埋まっており、初日の予約の抽選倍率はなんと約20倍だったという。予約した人の平均年齢は29歳、男女比は9:1で女性が圧倒的だったそうだ
『TIGER & BUNNY』ではヒーローたちが全てスポンサーの援助を受けている設定。実在する企業のロゴを使った商業展開が話題に

テーマ作品と連動したストーリー設定のもと、店内モニターでの映像演出、 等身大キャラクターとのインタラクティブ体験、コラボレーションした飲食メニューなどが楽しめ、より深い世界観が味わえるのが特徴となっている。

その第1弾としてタッグを組んだのは、アニメ制作会社サンライズによる『TIGER & BUNNY(タイガーアンドバニー、略してタイバニ)』。特殊能力「NEXT」を使って街の平和を守るヒーローを描いたアクションアニメだ。2011年にテレビアニメが大ヒットし、翌年に映画化。2014年2月8日には劇場版第2弾となる『劇場版 TIGER & BUNNY‐The Rising‐』の公開を控えている。

■アニメに登場する店が現実世界に

店舗は作品の中に登場する「HERO'S BAR」をイメージ。『TIGER & BUNNY』で実際に出てくるカフェ&バーだ。来場者はアニメ内のテレビ局「OBC」の新人AD(アシスタントディレクター)で、日々の仕事の疲れを癒やすために通っているという設定。このように細かい部分にまでこだわることで、現実と作品がクロスオーバーし、より深く作品の世界観が楽しめるわけだ。

店内では来店ポイントとして名刺が配られる。作品のストーリーにちなんで最初は新人ADだが、来店回数に応じて役職がランクアップする仕組み。最低7回通えば、一番上のP(プロデューサー)になれる。当然、役職に応じて受けられるサービスも変わる。その詳細は、来てからのお楽しみとのこと。

名刺の写真は9種類の中から選べ、来店を重ねるごとに「AD(アシスタントディレクター)→D(ディレクター)→AP(アシスタントプロデューサー)→P(プロデューサー)」とランクアップする仕組み

フード・レストラン 新着記事

ALL CHANNEL