ヘルスUP

健康づくり

50代の8割はひっかかる? 健康診断結果の読み解き方 日経おとなのOFF

2012/6/13

 年に1度受ける健康診断。その結果は、自分の体を知る大事な“成績表”だ。とはいえ、数値を見ても、何をどう変えればいいのか意外にピンとこないのもまた事実だ。健康診断結果の数値に込められた「体のサイン」を読み解こう。

50代の8割はどこか引っかかる? 普段の食事が如実に表れる

 健康診断結果で、年齢とともに「要経過観察」や「再検査」といった判定が出やすいのが血圧、脂質、糖代謝、尿酸値といった生活習慣病関連の項目だ。「最も異常値が出やすいのは血圧」と、三井記念病院総合健診センター所長の山門實さんは言う。なんと50代の7割近くが血圧の異常値を示し、全体の8割がなにかしらの異常を示すという。「血圧、血糖値、脂質の異常は、いずれも食べ過ぎや野菜不足といった食習慣が原因で、1つが異常値の人は、ほかの項目も危ない場合が多い。いずれも動脈硬化、ひいては心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めます」(山門さん)。

 また、「検査結果のなかでも特に注意したいのが血糖値」とAGE牧田クリニック院長の牧田善二さんは指摘する。「コレステロール値を高い状態で放っておくと心筋梗塞になる危険性が約10%上がるといわれますが、糖尿病の場合は治療しないでおけば、ほぼ確実に失明したり、透析が必要になったりする」(牧田さん)。

 健康診断の数値は、「経年的に見て、数値の上昇があれば、基準値内でも注意するべき」(山門さん)。例えば糖尿病の場合、境界型の状態が12年ほど続くと、ある日突然、血糖値が跳ね上がり、糖尿病になることが統計的に分かってきた。つまりサインは何年も前から出ているということだ。

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL