N
出世ナビ
職場の知恵

2012/2/13

職場の知恵

【セクハラ上司&取引先】

コミュニケーション下手のため、つい発言がセクハラに。こちらがうまくリードすれば発言内容を変えられることも。

ドン引き発言 「花嫁修業か。結婚は決まったのか。なんで結婚しないの?早くしろ」
 職場の送別会でのことです。私がおしぼりを配っていたら、47歳の男性上司がみんなに聞こえるように大きな声で笑いながらこう話しかけてきました。周囲の人はみな苦笑い。ここのところ、顔を合わせるたびに「なんで結婚しないの」と聞いてくるので本当に不快です。今度言われたら、職場のセクハラ相談員に相談しようと思っています (31歳・メーカー・経理)。
 
華麗にスルー 「◯◯さんはご結婚されていましたよね。どうですか?結婚生活は」
 部下と仲良く会話をしたいという欲求がこうした発言に。「まだ結婚する予定はありません」などとまともに切り返すと、今度は「結婚したい彼氏はいるの?」と芸能リポーターのように質問攻めに。そこで逆に質問してみよう。上司は会話ができたことに満足し、自分のことを話し始めるはず。自分の話題を断ち切りたいときは、相手に質問し返すのが効果的。
ドン引き発言 「セクハラされているうちが花だよね。むしろセクハラには感謝しないと」
 会社の打ち上げで、食事に行ったときのことです。定年が近い50代の支社長がご機嫌な様子で私にこんなふうに話しかけてきました。私はこの話題を早く終わらせたいと思っていたので、笑って受け流しました。私が笑ってかわしたので、周りの人も笑い、その場は何事もなく終わりました。しかし、今思い出しても本当に腹が立ちます(31歳・メーカー・経理)。
 
華麗にスルー 「そうかもしれませんね。ありがとうございます~」と言い放ち、席を立つ
 口では「ありがとう」とは言うものの、態度では「はいはい、あきれた」ということを示して。その後の発言が続かないようにその場をさっと立ち去るのが重要。鈍感な上司でも気分を害したことに気付くはず。ただ、席を立たないと上司は調子に乗って会話を続ける恐れがあるので、トイレに行くなどきっかけをつくってその場から離れよう。
ドン引き発言 「君たちみたいな若い女の子はおじさんからすぐ契約もらえると思ってるんでしょ?」
 新入社員のとき、同期の女性と2人で税理士事務所に営業に出かけました。そのとき、事務所の所長がこんなことを言ってきました。電話でアポが取れ、「脈アリかも」と期待していたのですが、まさかここまで言われるとは…。それでも同期が「ぜひお願いします」と食い下がると、「そうやって媚売って。キャバ嬢みたい」とさらにドン引き発言が(26歳・保険・営業職)。
 
華麗にスルー 「女は女で結構大変なんですよ。◯○さんはこれまでご苦労されたんでしょうね」
 この発言の裏側にあるのは「男は苦労しているんだぞ」という思い。おそらくこの所長はこれまで相当苦労してきたのでしょう。そこで「じゃあ営業手法を教えてください」などと、相手の武勇伝に話の矛先を向け、切り抜けて。「自分が若いときは…」と快く話してくれるはず。相手の気が済み、「話が分かるな」と距離が縮まる可能性も。
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら