アート&レビュー

カルチャー

中江有里さん、この夏に読みたい2冊 変わりどきは、読書どき(1)

2013/8/8

2013年1月に「働く女性の決断」をテーマに据えた『ティンホイッスル』(角川書店)を上梓、女優・作家として活躍中の中江有里さんが、女子にオススメの本を紹介します。1回目は夏に読みたいこの2冊です。

『愛しいひとにさよならを言う』(石井睦美・角川春樹事務所 1500円)

膝小僧にうっすらと残る、子どもの頃に転んで付けた傷跡を撫でるみたいに、懐かしい。もう傷は治っているのに、痛みの記憶は残っている。読みながら、昔の時間をさまよっているみたいな気分。

『愛しいひとにさよならを言う』(角川春樹事務所 1500円)

生まれた時から父親のいない主人公のいつかは、絵画修復家の母と、近所に住む母の友人ユキさんに育てられた。周囲から見れば少し変わった家族。だけどいつかにとっては、これ以上ない家族。彼女が経験する出会いと別れは、不思議な感傷を呼び起こします。

いつかの母の慎は、実母と同じ教師になるように望まれましたが、画家を目指して美大へと進みます。やがて自分の才能を見限り、絵画の修復を仕事にするように。そんなシングルマザーを支えるユキさんは公務員。

二人を並べると、慎よりもユキさんの方が料理上手で母らしくいつかに接しているのが興味深い。逆に言えば、慎は母ひとりで娘を育てあげようというプレッシャーから、いろいろ見落としてしまうのだろう、と同情する部分もある。そして友人として子育てに協力をするという姿勢を崩さないユキさんの大人ぶりには、頭が下がる。二人の固い友情はいつかを間に育まれているんです。

わたし自身、幼い頃から母が働いていたので、学校から帰っても母がいないのが当たり前で、さみしいとは思ったけど、母の働く姿は子どもの目で見ても輝いて見えました。

大人になって子どもを描いた小説を読むと、昔の自分に出会うような気分になり、また幼い自分を囲んでいた大人の気持ちも想像ができます。これまでの出会いと別れを振り返りながら、過ごしてきた時間を俯瞰し、自分の人生を愛おしむ。いい小説です。

アート&レビュー 新着記事

ALL CHANNEL