旅行・レジャー

こだわりOFF

桜の美しいレストラン 日経おとなのOFF

2011/4/8

桜は時に誘いのオードブルであり、語らいを盛り上げるワインのようなアクセントになる。テーブルの脇で満開の桜が咲く、そんなレストランをフードジャーナリストの小川フミオさんに教えてもらいました。

ARGO(あるご)  東京・半蔵門

9階から見下ろす皇居の夜桜に心ときめく

桜を上から見下ろす快感を初めて知った。地上9階からの展望は、いやが上にも気持ちを高揚させる。「最も美しい桜の眺めは遠景からだと思っています。ここからだと、皇居の濠(ほり)の桜が霞のようにたなびいて見える。それだけで十分なオードブルですね」と小川さん。

皇居の土手からお濠(ほり)端まで、桜一色に染まる(この記事の写真:深田高一)

花見客でにぎわう千鳥ケ淵とは反対側のため、喧噪(けんそう)もなく、まさにおとなの隠れ家。皇居はもちろん、隣の英国大使館の庭まで眺められ、殿様か貴族にでもなった気分だ。

オープンして6年。山下敦司シェフが作るフランス料理は、「食材を球や立体にかたどるなど、目と舌とで楽しめる」と評判。桜のシーズン(~4月10日)は特別メニュー(昼6000円と夜1万2000円)があるので、早めの予約を。

見た目も麗しい料理が次々と出てくる。写真は、通常メニューのオードブル
桜のシーズン中は昼は11時30分~15時(ラストオーダー)。日曜も営業。カフェのみの利用は不可

東京都千代田区麹町1-12 電話03-3265-5504
アクセス/地下鉄半蔵門駅から徒歩3分
●営業:11時30分~14時、18~21時(ラストオーダー)。土曜・祝日の夜は17時30分~20時(ラストオーダー) 日曜休
※ライブラリーカフェは、11時~22時30分(ラストオーダー)、土曜・祝日は~21時30分(ラストオーダー)

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL