N
エンタメ!
東京ふしぎ探検隊

2012/6/8

東京ふしぎ探検隊

自由が丘駅はもともと九品仏駅だった

スーパーの片隅に、かつてここに自由ケ丘学園があったことを記す碑が建っていた

東急沿線でも屈指の人気を誇る自由が丘。実は、駅が開業した当初は「九品仏(くほんぶつ)」という名前で、その後「衾(ふすま)」駅に名前が変わる予定だったという。どういうことか。当時の事情を目黒区めぐろ歴史資料館の学芸員に教えてもらった。

「昭和初期、この辺りは荏原郡衾村でした。東横線自由が丘駅はもともとは九品仏駅として開業したのですが、大井町線に九品仏という名前の駅が新たにできることになり、東横線の駅名を変更することになりました。当初は『衾』という名前の駅になる予定だったのですが、異論があり、近くにできた『自由ケ丘学園』という学校の名前をとって『自由ケ丘』と名付けたようです。その後、町名も『自由ケ丘』と改めたのです」。自由が丘という駅や地名は、学校名に由来していたのだ。

自由ケ丘学園は自由主義を掲げた幼稚園・小学校・中学校(旧制)で、幼稚園と小学校は後に「トモエ学園」と名を改める。旧制中学は現在の自由ケ丘学園高校だ。トモエ学園はリトミック教育で知られ、黒柳徹子さんの「窓ぎわのトットちゃん」で一躍有名になった。既に廃園となったが、跡地にできたスーパーの片隅に記念碑が建っている。

目蒲線は目黒線と多摩川線に分割

東急線の中で、新玉川線に次いで間違いやすいのが旧・目蒲線だ。今でも目蒲線と呼んでしまう人は多いのではないか。目蒲線は2000年を境に、目黒線と多摩川線に分割されたのだ。

図を見るとわかりやすい。目蒲線は目黒から蒲田まで走っていたが、これを「目黒-武蔵小杉」までの目黒線、「多摩川-蒲田」までの多摩川線に分けた。目黒線はその後、2007年(平成19年)には日吉まで延伸し、今に至っている。ちなみにこの目黒線、目黒区にある駅は洗足駅だけ。目黒駅は品川区にある。

ところでかつて東横線武蔵小杉の隣に「工業都市」という名の駅があった。付近に工場が多かったことから、通勤客を狙って1939年(昭和14年)に開業し、1953年(昭和28年)に廃止された。跡地を訪れてみると、武蔵小杉駅から300メートルほどしか離れていない。実は現在の武蔵小杉駅は1953年に、旧国鉄南武線との乗り換えを考慮して数百メートルほど移転したのだ。移転により2つの駅が至近距離で並ぶことになり、工業都市駅は不要と判断されたようだ。

なくなった駅や路線といえば、新奥沢線もその1つ。池上線の支線として雪ケ谷(現・雪が谷大塚)駅から延びたわずか1キロ超の路線だ。旧国鉄の国分寺駅への延伸を狙っていたがかなわず、わずか7年で廃線となった。田園調布駅から歩いて10分ほどの場所に「新奥沢駅跡」という記念碑がある。

変化が絶えない東急線。次回は渋谷駅の変遷を追う。(河尻定)

東横線工業都市駅跡地。現在の武蔵小杉駅から300メートルほど離れた場所にある
池上線の支線、新奥沢線新奥沢駅の記念碑は、田園調布駅から歩いて10分ほどの住宅街にひっそり建っていた

読者の皆様のコメントを募集しています。
コメントはこちらの投稿フォームから
読者からのコメント
@tuna_k02 20代男性 東京都
いつも楽しみに拝読させて頂いてます。自分自身が東京を歩き回る機会が多いこともあり、見出しを見たときに歩き覚えがある地名や単語を見つけるとついついクリックしてしまいます。グローバルな経済的な記事も読みますが、ローカルな歴史や話題を読む方が意外と知人との話題のネタになって盛り上がることもあり、大変興味深く読んでいます。これからも東京ふしぎ探検隊を楽しみにしております。
yonedaj 70代男性 神奈川県
東横線武蔵小杉駅は、小生の高校生のころ(昭和28、29年)ごろまでは小杉駅と工業都市駅があり、あまりに近距離なので一緒にして改札口は元のままだったので長大なホーム(現在も長さはそのまま)が出現した記憶があります。当時は2~3輌連結だったので改札までの距離は相当なものでした。現在を予想して作られたホームとすれば予見性があったということでしょう。 ちなみに大倉山にはスケートリンク(天然氷)がありましたが、小生の時代には凍ることがほとんどありませんでした。
よっちゃん 60代男性 東京都
大変懐かしく記事を読ませて頂きました。私は昭和26年、東急目蒲線(現多摩川線)「沼部」駅前の商店の子として生まれ、20歳まで住んでいました。まさに映画「三丁目の夕日」の世界で育ちました。隣駅の「多摩川園前」(現多摩川駅)に隣接する遊園地「多摩川園」では、乗り物以外にも園内映画館で映画を見たり、夏にはプール、たまにサーカスの巡業もあり、よく見に行きました。 小学校も高学年になると、学校や遊園地の25メートルプールに飽き足らず、その頃はまだ珍しかった50メートルプールが一般開放されていた慶応義塾大学へ、東横線に乗って「日吉」駅まで通いました。現在の東横線と新幹線の鉄橋に挟まれた多摩川の原っぱが私たちの遊び場でした。新幹線といえば、品川から鶴見までのコースは、貨物専用線の「品鶴線」(ひんかくせん)の軌道をそのまま利用したものです。
jogger 60代男性 長野県
今は生まれ故郷の長野県に戻ったが、最初の就職が神奈川の富士通だったので、田園都市線、東横線など懐かしい。自由が丘は初めてお見合いした人とデートした場所なのでなおさら。九品仏駅だったとは驚きだ。続きを楽しみにしています。
70代男性 千葉県
現在の「多摩川」は「多摩川園前」で結構な遊園地があった。サーカスも来たし、大山すべりなる巨大滑り台があった。動物園の真似事のような檻に入った動物もいて、昭和24、5年ころ檻から熊が逃げて騒ぎになったような記憶がある。
エンタメ!連載記事一覧