N
エンタメ!
東京ふしぎ探検隊

2012/6/8

東京ふしぎ探検隊

東京横浜電鉄、直営の「綱島温泉浴場」を開業

綱島街道脇にある「ラヂウム霊泉湧出記念碑」

「東京急行電鉄五十年史」によると、1927年(昭和2年)、当時の東京横浜電鉄の直営として「綱島温泉浴場」が開業した。当初はその2年前に開業した「温泉遊園地 多摩川園」(東京都大田区)にならって遊園地にする計画だったが、資金不足でとりあえず温泉浴場だけでスタートしたという。

温泉地としての集客を見込み、東横線の駅には1926年(大正15年)の開業当初から「綱島温泉」という名前をつけた。「五十年史」には、当時の鉄道大臣に提出した認可申請書の文言が記してある。

「弊社綱島温泉駅付近ニハ『ラジュームエマナチオン』ヲ含有スル鉱泉湧出到居リ候ニ付、同鉱泉ヲ利用シ旅客誘致及土地開発ノ一助トシテ同駅前ニ温泉浴場経営到度」

綱島温泉駅はその後、戦時中に軍部の指導で綱島駅に改称したものの、戦後も隆盛は続く。歌手の故・三橋美智也さんはかつて、下積み時代に綱島温泉で働いていたという。

しかし、1964年(昭和39年)に東海道新幹線が開業してからは事態は暗転する。熱海方面に客を奪われたのだ。温泉街は急速に細り、旅館は激減した。今や温泉宿は1軒もなく、日帰り施設の東京園を残すのみ。綱島街道沿いには旅館やホテルが数軒あるが、いずれも温泉ではない。

頻繁に変わる二子玉川の駅名、「二子読売園」と呼ばれた時期も

東急線のなかで、駅名が頻繁に変わった駅といえば「二子玉川」(東京都世田谷区)だろう。「消えた駅名」(東京堂出版)などの著者で地名や鉄道に詳しい今尾恵介さんに、二子玉川駅の歴史について教えてもらった。

この地に最初に駅を造ったのは、玉川電気鉄道が運営する路面電車の玉川線。「玉川」という駅で、1907年(明治40年)のことだった。玉川線はもともと多摩川の砂利を東京に運ぶためにできた電車で、渋谷から三軒茶屋を通って玉川まで走っていた。

1929年(昭和4年)には「大井町-大岡山」を走っていた大井町線が延伸。「二子玉川」駅ができた。さらに1939年(昭和14年)には近くにあった「玉川第二遊園地」が「読売遊園」と改称したことに伴い、玉電玉川駅が「よみうり遊園」駅に変更。翌1940年(昭和15年)に玉電、大井町線がそれぞれ「二子読売園」駅に名称を統一した。

しかし、肝心の遊園地は戦局悪化で1944年(昭和19年)に一時閉鎖となり、駅名も玉電、大井町線ともども「二子玉川」駅に戻る。かと思えば戦後になって遊園地が復活し、1954年(昭和29年)には再び「二子玉川園」駅に。さらには1985年(昭和60年)に遊園地が今度こそ閉園となり、2000年(平成12年)になって駅名が「二子玉川」に再度戻り、今に至っている。なんともややこしい。

次のページ
玉川線から新玉川線、田園都市線へ
エンタメ!連載記事一覧