表参道に「おしゃれ野外フードコート」登場

2012/9/8

おでかけナビ

表参道駅から徒歩1分の場所にあったファッションビルが2010年に閉店し、長らく遊休地になっていたスペースに、突如として色とりどりのテントが出現した。2012年8月3日にオープンしたコミュニティ型商業空間「246 COMMON (246コモン) Food Carts & Farmer's Market」だ。

国道246に面した入り口は間口が狭いが、中に入ると約250坪と都心にしてはかなりの広さ。広場を囲むように約20の店舗車両型「モバイルショップ」と屋台「フードカート」があり、中央部分には共用で100席ほどが用意されている。

また入り口から見て右手奥には、9月オープンの「横丁エリア」がある。現段階ではまだ工事中のところが多いが、三畳ほどの古民家が立ち並ぶ、長屋風のつくり。この横丁エリアを抜けると、根津美術館方面に向かう通りに抜けられる。

入口は間口が狭いので想像しにくいが、中に入ると約250坪と都心にしてはかなりの広さ

広場を囲むように約20の店舗車両型「モバイルショップ」と屋台「フードカート」がある

9月オープン予定の「横丁エリア」。広場とはうってかわってしっとりした「和」の雰囲気
注目記事