ほうれい線ケア 仕上げは額、眉、目のマッサージ

この連載では、ほうれい線を徹底的に撃退する方法として、顔のインナーマッスルである深層筋から、首、あご、側頭部、口元、頬の筋肉をほぐし、鍛えて若返らせる方法をご紹介してきました。シリーズ最終回の今回は、仕上げとして額、眉、目のマッサージと筋トレをご紹介しましょう。

まず、額のケア方法をご紹介します。額がこっている人は、額の上部である側頭部(耳の上あたり)もこっているもの。側頭部は頬の筋肉を上から支えているので、額から側頭部、さらに頭頂部までしっかりほぐしておきましょう。この一帯が柔軟になっていると、ほうれい線ができにくくなるんですよ。

額から頭頂部のマッサージ

1.五本指で額をしっかり押さえ、上下にゆすりながら揉みほぐします
2.指を徐々に上にずらし、生え際から頭頂部まで丁寧に揉みほぐしていきます

次は、眉のマッサージです。眉の筋肉は目を支えているために、実はとてもこる部分なのです。目が悪い人、パソコン作業の多い人は、目の疲れと同様に眉の筋肉も疲れて固まっているはず。

また、年齢を重ねると、まぶたの皮膚がたるんで下がってくるために、まぶたを上げようとして眉の筋肉に力が入ります。これもこりの原因になるのです。

眉の筋肉を指でつまんでみてください。意外なほど痛くありませんか? 痛いのはこっている証拠です。

そして、鏡を見ながら眉を上げてみましょう。左右の眉は同じようにバランスよく上がりますか? 多くの人は、利き手の側の眉が、高く上がる傾向があります。

このマッサージをすると、眉の筋肉がほぐれて左右の眉のバランスが整い、メイクで眉を描くときにも、きれいなラインが描けますよ。目の疲れも取れるので、ぜひ試してくださいね。

眉のマッサージ

1.親指と人差し指・中指で眉頭をつまみます。少しずつずらしながら、眉尻まで揉みほぐします
2.親指を眉頭の骨の下のくぼみに当てて、ぎゅーっと押します。机に肘をついて、頭の重みを指にかける感じで行うといいですよ
3.眉尻に向かって親指の位置を少しずつずらしながら、同じ動作を繰り返します
次のページ
目元グーパー