出世ナビ

職場の知恵

女子力&マナー力アップにやるべきこと、やってはいけないこと

2012/11/7

女子力やマナー力を向上させるために、日常生活から心がけるべきことは何? 逆に、やってはいけないNGアクションは? 日々の生活習慣から、立ち居振る舞い、考え方まで、ポイントを教えます。

「無機質なオフィスに、女性の存在感が加わるだけで場が明るくなったり、女性の気遣いがあることで職場のコミュニケーションが円滑になったりする。女性はそんな“花のような存在”であると認識することが、女子力を高めるポイントです」と話すのは、マナーコーチの井垣利英さん。外見では、最も大切なのが「笑顔」。笑顔があるかどうかで、親しみやすさや印象度が格段に違う。もう一つ重要なのが、服の色だ。オフィスのドレスコードが許すなら、黒やグレーばかりでなく、週に数回は明るい色の服を身に着けたい。

コミュニケーション面では、「ありがとう」という言葉を多く口にするだけでも、周囲に好感を持たれやすい。一方、できるだけ避けたいのが他人の悪口。ストレス解消のためについ口にしてしまう人も多いが、悪口を言っている女性を“素敵だな”と感じる人はいないはず。

基本は笑顔、メンタルも上手にキープ

「悪口を言う癖は、想像以上に自分の評価を下げていることに気づいて」(井垣さん)。仕事の愚痴をどうしても言いたいなら、「これは愚痴なんだけどね、と前置きしてから言うと、客観的になれるので、自分の愚痴に毒されずに済みますよ」(心理カウンセラーの前田京子さん)。

自己管理やメンタルのコントロールも重要。「明るさや朗らかさが女性のよさ」(コラムニストの石原壮一郎さん)。自分が朗らかでいられる状態を保てなければ、女子力を上げることはできないと心得ておこう。

出世ナビ 新着記事

ALL CHANNEL