大賞はパラリンピアンの佐藤真海さん、ウーマン・オブ・ザ・イヤー受賞者9人の横顔

2013/12/6

月刊誌『日経WOMAN』は2013年、各界でもっとも活躍した働く女性に贈る「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」を12月6日に発表しました。

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」とは、(1)働く女性のロールモデルを掲示、(2)組織の中に埋もれがちな個人の業績に光を当てる、(3)活躍した女性たちを通して時代の変化の矛先をとらえるという主旨のもと、1999年から毎年実施するアワードで、本年が15回目となります。

「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014」大賞に選ばれたのは、ハンデを乗り越えてパラリンピックに3度出場し2020年のオリンピック・パラリンピックの東京招致に貢献したサントリーホールディングスCSR推進部の佐藤真海さん(31歳)です。

佐藤さんは、早稲田大学在学中の19歳のときに骨肉腫を発症し、右足の膝から下を切断。失意に陥るも、義足で好きだったスポーツを再開し、わずか1年でアテネパラリンピック(走り幅跳び)に出場。北京、ロンドンとパラリンピック連続出場を果たしました。一方、一般社員としてサントリーホールディングスに入社。CSR推進部にて次世代育成事業を企画から実現まで一貫して自身で手がけるほか、震災復興支援にも尽力。また28歳で早稲田大学大学院に進学し、日本のパラリンピックの現状と海外の障害者スポーツについての調査研究を行い、自らのキャリアの幅を広げてきました。

2020年オリンピック・パラリンピックの東京招致活動では、2013年9月に行われたIOC(国際オリンピック委員会)総会の最終プレゼンテーションでトップバッターを務め、独学でブラッシュアップした英語でのスピーチで多くの人の心をつかみ、東京開催決定に大きく貢献しました。並々ならぬ努力を重ねて困難を乗り越え、自分にしかできないキャリアを築いてきた姿が、多くの働く女性たちに力を与える存在になっています。

準大賞には、創薬の世界に革命を起こす技術を見いだし、時価総額1600億円超(2013年12月2日現在)のバイオベンチャー・ペプチドリームの起業と上場をリードした東京大学エッジキャピタル、パートナーの片田江舞子さん、国民的大ヒットドラマ『あまちゃん』で斬新な番組ロゴやセット、キャラクターをデザインして作品の世界観を確立させた日本放送協会(NHK)デザインセンター映像デザイン部の岩倉暢子さんが選ばれました。

次のページ
大賞<キャリアクリエイト部門>