旅行・レジャー

耳寄りな話題

増税に負けず明るく消費 14年上半期ヒット商品動向 日経トレンディ

2014/6/10

日経トレンディ

 長い長い不況のトンネルを抜け、アベノミクスでようやく元気になれたのが2013年。2014年4月に立ちはだかった消費増税も、その流れを断ち切ることはできなかった――。「日経トレンディ」は2014年上半期のヒット商品100個を選定。それらを独自に分析し、ランキング化した。その結果を俯瞰(ふかん)すると、増税に屈することなく、努めて買い物を楽しもうとする消費者の姿が浮かび上がってくる。

 2014年の上半期ヒット商品ランキングでは、消費の動向を従来よりも深掘りするため、5つのジャンルに分けてベスト20を選出。合計100商品を取り上げた。例えば、「デジタル・クルマ」のジャンルを総括すると、カメラなど一部の尖った製品を除いては、画期的な商品が少なく、元気がない印象。安さを武器にした「楽天でんわ & LINE電話」(1位)や、「ウィンドウズタブレット」(3位)、「iPhone 5s」(4位)など、やや新味を欠くヒットの常連が上位を占めた。増税前の駆け込みで幅広く家電が売れたため、新製品が埋没してしまったとも考えられる。

 しかし、それ以外のジャンルはむしろ逆だ。例えば「食品・飲料・外食」のジャンルでは新商品が絶好調。「アサヒスーパードライ ドライプレミアム」(3位)、「牛すき鍋膳」(4位)など、少し高くても、ちょっとしたぜいたくや幸せを味わえるものがよく売れた。

 この背景にはもちろん人々の前向きな消費意欲があるが、それをくみ取り、増税による消費の冷え込みに抗ったメーカー側の巧みな戦略もあった。「斬新な商品をあえて4月以降に売る」「メガブランドの信頼感を生かす」……。上半期のヒット商品にはいくつかの共通項が見て取れる。

 

【関連キーワード】

ヒット商品
ALL CHANNEL