「残念な父親」持つ娘の心理 橋本愛インタビュー~映画「俺はまだ本気出してないだけ」女子による女子のための映画・DVDガイド

俺はまだ本気出してないだけ」 2013年6月15日(土)ロードショー (C) 青野春秋・小学館/2013「俺はまだ本気出してないだけ」製作委員会 主演:堤真一 監督・脚本:福田雄一 出演:橋本愛 生瀬勝久 山田孝之 濱田岳 指原莉乃 水野美紀 石橋蓮司 原作:青野春秋『俺はまだ本気出してないだけ』(小学館 IKKICOMIX刊) 音楽:ゴンチチ(EPICレコードジャパン) 製作:「俺はまだ本気出してないだけ」製作委員会 配給:松竹 公式サイト:http://www.oremada.jp/

10代の頃、父親が下着のパンツ姿で、家の中をうろうろしていたら、「やめて!」と思いませんでしたか!? もちろん、世の中そんな父親ばかりではないでしょうが、10代の娘のデリケートな神経を逆なでしてしまうお父さんは、昔も今も、少なからずいるのではないでしょうか。

そんな残念な父親像とは程遠いイメージの俳優・堤真一さんが、超ダメダメなお父さんに扮したコメディー映画「俺はまだ本気出してないだけ」。同名漫画を映画化した本作で、堤さん演じる主人公・大黒シズオの高校生の娘・鈴子を好演した橋本愛さんにインタビューしてきました。

橋本愛さんは、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」に出演中で、当連載でも「さよならドビュッシー」や「くちづけ」などの出演作を度々紹介してきた、引く手数多の人気女優。今回、彼女が演じた鈴子は、ダメ父・シズオにとても寛大で、「なぜ、この父親から、この子どもが?」と首をかしげてしまうような優しい娘です。

バツイチの42歳、大黒シズオは、「本当の自分を見つける」と言って、勢いで会社を辞めてしまいます。ところが、朝からゴロゴロしながらゲーム三昧のシズオは、父の志郎(石橋蓮司)から毎日怒鳴られてばかり。

ズボンもはかずに寝ころんで朝からゲームをするシズオ
鈴子に起こされるまでゴロゴロ寝てばかり

高校生の娘・鈴子に借金したり、バイト先のファストフード店では年下の店長から叱られたり、相変わらずダメダメなシズオ。そんなある日、本屋で立ち読みをしていたシズオは、突然ひらめき、「とうとう見つけちゃったよ、俺の生き方。俺、マンガ家になるわ」と家族に宣言。志郎は泣くほどあきれますが、鈴子はほほ笑みながらシズオを見守ることに。