なぜ立っていられる? ヒミツは体の中の精密装置働きもののカラダの仕組み 北村昌陽

二本足で立つ人間の姿は、よく考えると、とても不安定。しかも、その姿勢でさまざまな動きをこなします。どうやってバランスをとっているのでしょう? そこには、非常に精密な制御システムがありました。システムの中心は「平衡感覚」。体の回転や、傾きを検出する感覚です。

体のしくみの大半は、私たちの意識が及ばないところで働いている。“自動的”といってもいいだろう。いちいち意識しなくても、胃は食べ物を消化し、膵臓はインスリンを分泌し、腎臓はおしっこを、腸はうんちを作る。実に良くできたものだ。

(イラスト:江田ななえ、以下同)

そんな中でも、今回紹介する「平衡感覚器」は、極めつけの“自動装置”といえるかもしれない。自動化ぶりがあまりにお見事なので、普段、その働きを実感する機会はめったにない。「でも、ひとたびこの装置が不調に陥ると、めまいが起き、立っていることも難しくなります」

聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授の肥塚泉さんはこう話す。なるほど、普段はほとんど目立たないけれど、実はとても大事なことをしているわけだ。

頭を動かしても目の向きはいつも一定

平衡感覚器の本体は、耳の奥にある「内耳(ないじ)」。カタツムリによく似た姿のこの装置は、「半規官(はんきかん)」「耳石器(じせきき)」「蝸牛(かぎゅう)」という三つの部位の集合体だ。このうち蝸牛は音を聞く(聴覚)装置なので、平衡感覚とは直接関係ない。「半規官」「耳石器」が、今回の主役だ。

内耳の内部は空洞で、内リンパ液という非常に粘性の高い液体で満たされている。その中にあるのが、「クプラ」「耳石」という2種類の小さなパーツ。これが、体の動きや重力の方向を感じ取るセンサー部だ。

「半規管」は、アーチ状の3本の管がそれぞれ前、後斜め、水平を向いている。頭が回転運動をすると、慣性によって、内部の液体(内リンパ液)に逆方向の流れが生じる。中央部の「耳石器」は、体の傾きを検出する
注目記事
今こそ始める学び特集