働き続ける自分を信じて、将来の不安を軽減しよう深田晶恵の目指せ! マネー美人

7月1日に開催された「日経WOMAN Networkingフォーラム」に行ってきました! 交流会で日経WOMAN誌の読者とお話しすると、次々と出てくるお金に関する悩みや質問!

「毎月積み立てをしていても、不安がぬぐえません。お金を使うことに罪悪感を覚えます」「老後が不安。いくら貯めると安心できるの?」など、「不安」を口にする読者が多いのが印象的でした。

(イラスト:小迎裕美子)

明るい未来が見えにくいご時世なので、不安になるのでしょうね。ただ、老後は明日突然やってくるわけではないことを忘れずに。日々の積み重ねの結果、ずっと先にあるのが「老後」です。20代、30代の女性は、働いて収入を得る時間がたくさんあるのですから、過度に心配せずに、働く自分を信じましょう。

「働き続ける&コツコツお金を貯める」。これって、地味だけど、大事なこと。先日、それを実感する出来事があったのですよ。学生時代からの女友達が「リストラになるかも~。相談に乗って!」と電話してきました。うっ、大事件!

相談ポイントは2つ。「近々会社を辞めることになったら、残っている住宅ローンは全額返したほうがいいか」、「46歳だと、転職後に今と同じ年収を確保するのは難しい。最低限いくらの年収を目標に転職活動をするといいのか」。

まず、住宅ローンは繰り上げ返済しなくていいとアドバイス。数年前にローンを組んでマンションを購入したのですが、頭金を2000万円以上用意できたので、ローンは1500万円。借りた金額が少ないから、毎月の返済額はそれまで払っていた家賃の半分以下となり、購入後はさらに貯蓄に回せる金額が増えたそう。返済期間も短くしたので、途中繰り上げ返済をしなくても60歳前に完済予定です。今後収入がダウンしたとしても、無理なく返済できるので、ローンは見直し不要で、貯蓄を減らさないことに主眼をおくことにしました。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
次のページ
60歳までに貯まる額を試算
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし