N
ライフコラム
子どもの学び

2013/8/8

子どもの学び

子どもにとって本当によい学校を選ぶために

そして、6年生になり受験校を絞り込む段階では、やはり成績表と照らし合わせることも必要になってくる。そのとき、「この学校なら行ってみたい」と本人が思える学校がいくつもあり、その中の少なくとも1校が、比較的入りやすい学校であれば、その子は精神的に余裕をもって入学試験に臨むことができるはず。そんな状態をつくるためにも、早い時期から親が行動することが欠かせない。

「そうやって準備したつもりでも、入試は想定通りにはいかないもの。直前になってから、それまで考えてもいなかった学校を受けることになるかもしれません。ところが、その学校の説明会はすべて終了している。そんなときは、個別に見学をお願いしてみましょう。ほとんどの学校が快く引き受けてくれるものです」

なお、学校によっては、入試直前の説明会で、入試問題の詳しい説明や採点のポイントの解説、実際の出題傾向や難易度にあわせた模擬試験、模擬面接などを行う学校もある。「受けることが決まっているのであれば、参加しておいたほうがいいでしょう」(中曽根さん)

4年生から6年生の入試直前まで、「オープンスクール・学校説明会シーズン」は3回巡ってくる。どの時期にどこを訪れどう活用するか。子どもにとって本当によい学校を選ぶためには欠かせない視点といえそうだ。

この人に聞きました

中曽根陽子
 教育ジャーナリスト。出版社勤務を経て女性のネットワークを生かした編集・取材活動を行う「ワイワイネット」を発足。教育雑誌や新聞などへの執筆多数。著書に『子どもがバケる学校を探せ!』(ダイヤモンド社)ほか。自身も2人の子どもとともに中学受験を経験。

(ライター 平林理恵、構成 日経キッズプラス)

中学受験をしない選択 (日経ホームマガジン 日経Kids+)

発行:日経BP社
価格:880円(税込み)

注目記事