エンタメ!

エンタウオッチング

満員御礼でプレーできず 勢い止まらぬ「艦これ」人気 日経エンタテインメント!

2014/2/24

「艦隊これくしょん ‐艦これ‐(以下、艦これ)」は、2013年4月にパソコン(PC)で楽しむ基本無料、アイテム課金型のゲームとしてDMM.comが配信サービスを始めた。開始当初は、駆逐艦や軽巡洋艦などを美少女に擬人化した「艦娘(かんむす)」のキャラクター人気で話題となった。

「艦これ」のイメージビジュアルとして、昭和の特撮映画をほうふつとさせる、ポスター風の画像がいくつか存在する。「艦娘(かんむす)」のイラストレーターは複数いるが、キーイラストレーターであるしばふ氏が描く、どこかレトロ風のポスターが「艦娘」とマッチした世界観を演出する

■人気の理由は「艦娘」たちの魅力と奥深いゲーム性

サービス開始直後の2013年6月にはサーバーが満員状態となり、新規登録を一時停止するほどの大ブレークに。同年7月に登録を再開するころには、次々と追加される「艦娘」たちの魅力だけではなく、お金を払わなくても長時間楽しめるゲームバランスに加え、多数のパラメーター(爆装、火力、速力などの値)に基づいたリアルな戦闘がミリタリーファンやコアゲーマーにも認められ、さらに人気は右肩上がりとなった。

時間をかけて育てた「艦娘」が、敵との戦闘で耐久力がゼロになると「轟沈(ごうちん)」となる。お別れのセリフを残して二度と復活しないというシビアな設定が、プレーヤーの感情移入を高める。従来のソーシャルゲームであれば、課金により撃沈された「艦娘」を復活できるようにするのが当たり前。しかし、あえてそうしないのが、開発を手がける角川ゲームスの手腕の妙だ。さらにライトノベル、コミック、ファンブックと、角川グループの総力を挙げた急ピッチなメディアミックス展開によって、ゲームの枠を超えた人気コンテンツに育て上げることに成功した。

出撃、編成、補給、改装、入渠、工廠という6つのコマンドを使いこなし、強力な艦隊を編成していく。空母には艦載機を搭載可能など、ミリタリーファンもうなるこだわりの内容

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL