イラスト/もと潤子

次に、いわゆる「ぺたんこ座り」で、ひざ下の脛骨を真下に押しこむように手で刺激します。O脚の人は、あぐらをかく座り方は得意だけど、ぺたんこ座りは下手な人がほとんどでしょう。でも、得意だからといってあぐらばかりかいてはダメ。外へ、外へとずれようとする力を後押しするのがあぐら座りです。ますますO脚がひどくなりますよ。

ぺたんこ座りをしようとすると、骨盤を後傾させたくなると思いますが、頑張って骨盤を立てましょう。股関節を内旋させることで、O脚とは逆方向の力が加わり、脚全体の筋肉をほぐすことができます。

骨盤や股関節まわりがほぐれたところで、エクササイズです。枕や丸めたバスタオルを、ひざの力で絞りこむ体操を行いましょう。外に向いているひざのお皿を内側に締めていく意識で。この動きによって、普段なまけている、内転・内旋筋群を鍛えられます。この体操を行うと、脚のラインが整うとともに、横広がりに張っていたヒップラインもきれいに引き締まってきます。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント