膝関節は、ひざ上の大腿骨と、ひざ下の下腿(脛骨とそのすぐ外側の細い腓骨)によって上下を挟まれた状態になっています。O脚の場合、膝関節には「外へ、外へ」ずれようとする力が加わり、正面から見るとひざ関節の内側がつぶれて、痛みが生じやすい状態に。X脚では逆に「内へ、内へ」とずれようとするため、膝関節の外側がつぶれて痛みやすい状態です。

………………………………………………………………………………

私はO脚?X脚? ひざの向きをチェック

ひざを曲げたとき、両ひざが外側に向くなら「O脚」、内側なら「X脚」。片脚立ちしたときに、支えとなる脚のひざが外側、内側にスライドするなら、脚のゆがみによって膝関節(しつかんせつ)に障害が生じやすい状態といえる。

いずれの場合も、ひざが真っすぐ正面を向く場合は、脚のゆがみはない。鏡に映したり、人に見てもらうとわかりやすい。

(この記事のイラスト もと潤子)
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント