O脚、X脚を治して、脚長、小尻になるゆがみリセット学(6)竹井仁

ひざが外側にパカッと開くO脚、内向きにくっつくX脚、どちらも悩みのタネですが、「脚のゆがみは変わらない」と諦めていませんか? 実は脚のゆがみは、日々の体の使い方の癖や、骨盤の傾きの影響で作られます。だから、自分の癖とは逆の方向に筋肉を鍛えることで、きれいな脚に整えることができるんです。O脚の「横広がり」、X脚の「出っ尻」というお尻の悩みまで同時に解決できます。

おしゃれなファッションに身を包んでも、脚のラインが今ひとつだと、ちょっと残念。O脚やX脚が気になるけれど「ずっとこんな脚だったし、もう治らない」と諦めていませんか? 

ほかの体の部位と同様に、脚のゆがみにも必ず原因があります。だから、その原因を正す方向に筋肉を鍛えたり緩めたりすることで、O脚やX脚も変えていける、ということを今回はお話ししたいと思います。

O脚、X脚と一般的にはいいますが、私たち理学療法士は、ひざが外向きになる内反膝、内向きになる外反膝と呼びます。両ひざが内反だとO脚、両ひざが外反膝だとX脚というわけです。なかには、O脚だけどそれを無意識に隠そうと、ひざをくっつけるように立つ癖がある人や、反対にX脚だけど脚を開き気味に立っている人も。ゆがみを正しく矯正するには、本当の脚の状態を確認する必要があります。シンプルなチェック方法があるので、やってみましょう。

ひざ関節がつぶれて痛みにつながることも

両足のかかとを拳分くらい開けて、右足の人さし指と左足の人さし指をそれぞれ15度ずつ開きます。背すじを伸ばし、正面を向いたまま、ゆっくりとひざを曲げる。ひざが正面を向いたままならゆがみはありません。O脚の人はひざを曲げると自然とひざが外側に開き、X脚の人はひざが内側に向きます。はっきりわからない場合は、ひざとひざの間が開く方向、閉じる方向、どちらが曲げやすいかを確かめて判断しましょう。

次に、片脚立ちでもチェック。片脚立ちしたときに、立っている脚のひざが外側、あるいは内側にはっきり動くときは要注意。膝関節がつぶれ始めている可能性があります。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント