フード・レストラン

おでかけナビ

世界最大級ジオラマに癒やされる 横浜に鉄道模型博物館

2012/7/7

2012年7月10日、横浜みなとみらい21地区に世界最大級の鉄道模型博物館がオープンする。

「原鉄道模型博物館」は世界的に著名な鉄道模型製作・収集家である原信太郎氏が館長を務め、延床面積約1700平米の空間に同氏所有の鉄道模型約6000両の中から約1000両を展示。同氏のコレクションがこれだけの規模で一般に公開されるのは初めて。

「日本の鉄道の発祥地である横浜の記憶を伝承し、世界の鉄道模型を通じて産業の歴史や文化を学ぶ国際的な文化交流・賑わいの場にしたい」(運営する三井不動産)という。

博物館のある横浜三井ビルディングはJR横浜駅から徒歩5分、横浜高速鉄道みなとみらい線・新高島駅から徒歩2分と好アクセス
博物館は2階にあり、1階には入り口に直通するエスカレーターがある

入館料は大人1000円、中学・高校生700円、小人(4歳以上)500円。開館時間は11~18時、休館日は毎週火曜(祝日の場合は翌営業日に振り替え、7月17日は営業)と年末年始(12月31日~1月2日)、施設保守点検期間。ただし開館初年度の7・8月、ゴールデンウィークは無休

フード・レストラン 新着記事

ALL CHANNEL